【ヒップホッ部】ライムスター宇多丸の押韻が感動なので軽く解説したいレベル

どうもtokiだよ。

実は自分、中学のときからヒップホップにハマりまして、

特にライムスターが好きだったのです。

ということで、今回は宇多丸の凄すぎるかっこ良すぎる韻踏みを1つだけ。

韻を踏むってのは、まあ和歌の時代からあるんだけど、要するに、同じ母音で詩を詠むということ。

駄洒落じゃないぜ。いえー。

どんなんかっていうと、以下みたいな感じ。

 

ライムスターのMC、

いまではラジオスターのMC、

見せてやるぜテクニック、

酔いしれろその手口。

 

ぜんぶeuiで終わってますね。こんな感じ。

ラップが素晴らしい、他のジャンルに負けてない!ってメッセージの歌です。

どぞ。

 

「グレートアマチュアリズム」

 

ぐれいぞーん

 

持ってる奴に持ってない奴!

たまには勝つと思ってたい奴!

値段もロゴもどでかいシャツ!

は着ないで楽してモテたい奴!

に朗報!願っても無いチャンス!

不細工音痴だって歌えちゃう

すげえ敷居低い歌唱法

ちょうど俺が生きた証拠

ただし時に採算度外視

までしてイカ臭いサウンド配信

モテ度低下、燃やす闘志

俺に言わせりゃモロ安い投資

アテにならねえビジネスセンス

よりはビシっと先示すぜ

俺のカン当たってんじゃん実際

埋めてやっかあのベンチャーの失敗

「ネエシャッチョサン遊ンデカナイ?

モチボッタクルヨデモ損デハナイヨ?

例ノゲートノ通行料

ヨリハマトモデショイワバ授業料」

 

まず小節ごとに改行したので確認。

4小節まではoeaiauで6音踏む。かっこいい。

そして5小節目で「朗報!」と一呼吸おいて、「無いチャンス」とaiauと4音に抑え

(「チャンス」はauuと読まず、「チャンッ」とauで。こういうのを巧いフロウという)、

「歌えちゃう」とauだけ踏んで、少し休憩。

なぜなら7と8はaououに変わるから。

8区切りでまた異なる韻へ。次は「採算度外視」「さいサウンド配信」とaiauoaiiと馬鹿みたいに踏む。

そこから「闘志」「投資」と同音異義語で決める。

そして「ビジネスセンス」「先示すぜ」でiieueで踏む(「センス」もまた、euuでなく、「センッ」とeで終わらせる)。

ここに「ビシッと」と「ビジネス」が似ているのも面白い。

「実際」「失敗」で固く踏んだ後、

カタコト外人のテンションでわざと外す。ここはノリ。

いままで固かったので、ゆるゆると踏む。

 

…どうっすか!しっかりした歌詞でここまで踏みまくるなんて、凄まじいんですわよ。

他にも細かいところあるんですけど、キリないし眠いのでここまで!

実際に聞くとまたかっちょいいので、ぜひぜひ。

 

 ちなみに彼含むライムスターは全員早稲田。

キックザカンクルーのKREVAは慶応。

どうしたお前ら。

 

以上!

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*