【オススメ】料理と名作

 

 

「料理が表現できてる小説は名作!」 ってなフレーズを聞いたことないでしょうか

有名なのは、鬼平犯科帳でしょうか

十割そばやシャモ鍋など、火付け役になった料理は数知れず

o0448033612300543998 一本うどん

私的には、大草原の小さな家にでてくるメイプルシロップ(を雪の上に垂らして、好きな形にして食べる! なにそれ!ってめっちゃ目を輝かして読んだ)とイリヤの空、UFOの夏に出てきた鉄人定食(これに関しては一言しか語るべき言葉がない。最高! あ、言葉足らず? 参考写真を用意しました)ですが、これをお読みの皆さんにも数々の思い出とともによみがえるイメージが有るのではないでしょうか

 346594鉄人定食(の中の一品、中華丼) グロ画像ごめんなさいm(__)m

今日はそんな「え、なぜ…それを食べようと考えた?」的な本をおすすめします

 

ダンジョン飯 九井諒子

 61KhZmORImL._SY344_BO1,204,203,200_

 

文化庁のメデイア優秀賞なんかをとっているかなり(ネット上では?)有名な方なんですが…この漫画の中でテーマとなっているのは、ダンジョンにいる「モンスターは美味しいのか?」です

 

スライムやコカトライス、果てはさまよえる鎧やマンドラゴラまで出会うあらゆるモンスターを手を変え品を変え、様々な料理方法で、様々なモンスターの部位を食べられるかどうか、どうやって食べたら美味しいのかを試行錯誤するという…

 

もちろん、モンスターたちは架空の存在だし、そもそもマンガ自体フィクション。「いや、どーせ食べられるんでしょ、そうしないと話しにならないんだし」的な、「そもそもモンスターの食べ方こんな回りくどく書かれてもなんの役にもたちゃしない」風な向きの意見もちらほら… 

 

と、一般的技量の書き手なら読み手に感じさせてしまうものですが、不思議にもそーゆーの、無いです

エルフさんがいい味出してるんですよ

オススメですよー

 

 

 

文責:fuka

 

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*