【団扇と小槌】福之神と貧乏神が村に結界を針渡る陣取りゲーム!

こんにちは!

今回は 団扇と小槌 という前回のゲームマーケットで発売されたゲームをご紹介します

32a9195b1530b46b80aa87e60f8ce9de1

制作:冨岡克正 ←忍者対戦の人!
策が:マスダユースケ ←枯山水の人!

プレイ人数:2人
プレイ時間:30分~
勝利条件:村に全ての結界を置くこと

ルールはざっくり!
まずプレイヤーは福之神と貧乏神に分かれます。
どちらでも強さは一緒です!カードが白いか黒いかだけです。

こんな感じにカードを配置し、貧乏神と福之神が時計回りに村を周って行きます
村を訪れたときに従者のカードをその村に置くことができます
(座敷わらしや唐傘などがいます)

従者は妖力を持っていて、村に置かれた場合その村に自分の色の結界を張ることができます
しかし相手がその村の妖力を上回った場合、その村には相手の色の結界が張られることになります
そうして結界を張っていき、先に全ての結界を張ったプレイヤーの勝利となります。

image22

ポイント!:従者には座敷わらしや唐傘などがいて、それぞれ違った能力も持っています
能力しだいで逆転もありえるので有効に使いましょう!

ってかんじの超和風な陣取りゲームです!
カードのイラストが昔話の絵本みたいで、可愛いさと不気味さが感じられる点が良いですよね!
遊んでるだけでゲームの雰囲気に入り込めるから、イラストって本当に大事だなぁといつも思います。

後余談なのですが、このゲームの福之神と貧乏神の駒が完全にミー〇ル…
白と黒のミープルが欲しい方が是非!!
そうじゃない方もサクッと遊べるのでお勧めです!

 

それでは!

 

文章:Noi

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*