【D’s独り言】1日に約900人。

こんにちは、Dです。

 

1日に約900人。

 

読者の中に、この数が何を意味するか分かる人はいますか?

この数は1日に癌で死亡する日本人の数なのです。

 

癌こと悪性腫瘍は早期発見でもしない限り、

身体の中の至る所に散らばって、様々な臓器の上に腫瘍を起こす

現代人の死亡原因として知られ、

およそ3人の内1人が亡くなると言われるまで恐ろしい病。

治療も大変で、様々な副作用があることでも知られています。

 

では今回の紹介するのは、化学療法を使わずに癌を克服した女性。

児童本作家アン・キャメロン氏について語りたいと思います。

 shutterstock_172688360-700x466

なんと彼女は「8か月間にんじんジュース」を飲み続けただけでした。

 

「Simple Organic Life」というブログの中にまとめられている

彼女の実体験とは!?

 

アン・キャメロン氏は自身が大腸癌だと診断された時、

大きな衝撃を受けました。

2012年6月、彼女の癌は既に第3ステージまで突入。

2005年に夫を肺癌で亡くした経験を持つ彼女は

化学療法が如何なるものかを誰よりも知っていました。

だからこそ、夫とは同じ道を歩まい、と決心したのです。

 

そしてその同月、癌摘出の為、手術をしましたが、

化学療法は拒否しました。

手術後は気分は良好だったのですが、

6か月後、癌は遂に肺まで蝕み、

第4ステージへ突入…

 

そんな中、彼女はとある男性が肺がんに罹ってから、

毎日2.5kg相当のにんじんジュースを飲み、

治癒したという話を聞きました。

彼女は早速、にんじんジュースを飲み始めました。

 

そうすると、みるみる内に...

腫瘍が無くなったのです!!

恐るべし、にんじんジュース。

 

飲み始めてから僅か8週間、

腫瘍の広がりは止み、

更に腫瘍リンパ腺が小さくなり始め、

4か月後には更に腫瘍まで小さくなっていきました!

そして8か月後には医者に、癌が完治されました!と

報告されたのです!!

 

彼女自身もその体験を「Curing Cancer with Carrots」

という本の中で綴っています。

 

それにしても、なぜこれほどまでに驚異的な効果を

齎したのでしょうか?

確かににんじんには腫瘍の成長を妨げるカロチンを多く含み、

癌に効果的だと言われています。

勿論、個人差はありますが、癌と診断された場合に

このような自然療法を試す価値があるかもしれません。

 

今回かなりにんじんを勧めてますが、

実はDは大のにんじん嫌いで…

この記事を読んで、いい加減にんじんを克服しなくては...

と、焦るDでした笑

 

 

P.S.
あくまで彼女が体験した事であって、
万人に効果があるものではないことをご了承ください。

 

 

 

文章:D

 

 

参考文献:Simple Organic Life

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: 

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*