【銀行カード】ついに銀行カードを無くしてしまった話【オワタ】

ブログ開設2周年おめでとうございます。
これからも皆さんに上海ゲーム部をもっと知ってもらえるよう、
マイペースに記事を書いていきたいと思います。
 
 
さて、私も上海に来て2年と少し経ちますが、先日銀行カードを無くしました。
※お祝いに反した内容ですが笑い話と思って読んでやって下さい。
 
 
○上海で無くすとやばいものリスト(※私調べ)
Cランク:交通カード(序の口)
Bランク:記憶(飲み過ぎには注意)
Aランク:携帯、銀行カード(紐つけよう)
Sランク:パスポート、財布(めっちゃ紐つけよう)
 
 
以上が上海に来てから無くしたらあかんやろ!! というものを集めたんですが、
私はそのうちCから飛んでAまでやらかしています。
携帯に至ってはもう2年で3代目(4回なくして1回だけしか返ってこなかった)という大馬鹿野郎なのですが、ついにやらかしました。
携帯と同じくAランクに位置づけている銀行カード。
しかもなくしたことに気付いたのは1日経ってから。
せっかく携帯も無くさないようになった(普通です)のに、なんでこうなった!!
 
原因予測:ATMから抜いたあとなんかの弾みで落とした。
 
自分ならいつかやるとは思っていましたが、今回はちょっと焦っていました。
なぜなら、約2週間後に一時帰国が控えているから。
銀行カードには私の全財産が入ってる!!
これがないと日本で遊べないよ!!
 
退勤後に気付いたため、会社のあたりをうろうろしましたが見当たらず。仕方なく帰宅して、まずはアプリで確認。
引き落とすとSMSが来るようになっているのですが、自分が使った時以外の通知もなく、口座は無事の模様。ほっとする。
しかし、お財布にはこの時点で残金24元wwwファーwww
さっき外で夕飯食べなかったら50元あったのに!
己のアホさに嫌気がさしますが、とりあえず会社でやっているお弁当サービスにアクセス。
口座が使えるうちに、微信のキャッシュ機能で土曜日までの食糧を確保します。ありがとう、会社、この弁当サービス導入してくれて。
そして次にまだ未払いだった光熱費をネット銀行で支払い。
これで電気と水道は大丈夫!
 
このように、銀行カードを落とした時の為にネット銀行の開設は結構大事です。
私の場合、招商銀行の一卡通を使っているのですが、支付宝とは連動できていないため、タオバオの支払いができなかったり、日常の些細なシーンで困るのです。
ですが、最近ファミリーマートで微信支払いができるようになったので、最低限の食料確保はなんとかなります。
 
さてさて、次の日会社に行き、上司に銀行カードを無くしたことを伝えました。
一応ビルの管理会社に落し物がないか聞きましたが、こちらもないと。
完全に紛失扱いとなりました。
そんなわけで昼休みに銀行へ。
この時点でまだ凍結していません。
銀行へ到着すると9人待ちという地獄。
これ絶対昼休みに間に合わないよねwと思いましたが、上司に説明済みなのでひたすら待つことに。
1時間半後、暇つぶしのために用意したラッキーマンも読み終わり、目がうつろになってきたところでようやく順番が回ってきました。
持ち物はパスポートがあれば大丈夫。
会話に自信がない人は「一卡通(信用卡)丢了」と書いた紙を持っていきましょう。
通常、カード紛失の時には1週間ほどで再発行できるようです。
 
が!
 
「再発行は2週間以内になります」
「え!?? 1、2、どっちですか??(一と二のジェスチャーをする)」
「2週間です(ピース)」
 
なんやて工藤ーーーー!!!!!
カレンダー見たら帰国ギリギリでした。しかも給料日めっさかぶっとる。
ここにきてまさかの大ピンチ。
凍結も考えましたが、あえてやめました。
口座無事みたいだったので。
実は私、このカード以外銀行カードを持っておらず、このカードがなければお金がないのですwww
お前2年も住んでてこれ!? と怒られそうですが、今回この騒動で銀行カードは2枚持ちにすべきと痛感しました。
 
という訳で、次の日会社の近くにある中国銀行へ。
新しく口座を開設することにしました。
これで無くしたカードの口座からお金を移動して使うことができます。
しかし……。
 
「外国人就業許可証か居留許可証がいります」
 
えええええ!!!???
なんかいつのまにか中国銀行がきびしくなってました。
私の行った支店だけの問題かはわからないのですが、これは予想外。
 
諦めずに次の日の昼休み、今度は中国工商銀行へ。
20分後……あっさりと新カードゲット。
なんと今、短信通知費の2元/月だけで口座開設が可能でした。(2015年8月7日現在)
通常はカード作るための料金と、口座開設の料金がかかるとのこと。
身分証明書に至っては、パスポートだけでOK!!
住所と電話番号だけ聞かれただけで、あとは5枚くらいサインをしただけでした。
書類記入はなく、パソコンに銀行員さんが入力してくれて楽なことこの上なかったです。
時々、戸籍登録している県名を漢字で聞かれることがありますので、漢字を書いて説明してあげてください。
 
銀行員のお兄さんも優しくてSAN値も回復しました。ありがとう工商銀行…。

銀行員のお兄さんも優しくて助かった……。ありがとう工商銀行……。

 
とまあ、こんな感じでノーマネー状態からなんとか脱出したのですが、この対処法はあくまで最終手段です。
なくしてから口座をもう一つ開設して移動、となると手間がかかりますし、万が一口座からお金が引き出されてしまっては大変です。
 
そのため、「口座が一つしかない」「ネット銀行を開いていない」人は是非口座を二つ作ってネット銀行を開きましょう!
なくしたと解ってからすぐお金を移動すればわざわざ凍結する必要もありませんし、2つあって損することはありません。
ネットバンキングを開くための費用は銀行ごとに違い、今回のようにキャンペーンなどで無料になっている場合もありますので気をつけてください。
 
 
事が起きてからでは遅いのですよ!(特大ブーメラン)
皆さんが大切なものを無くしませんように…。
それではまた!!
 
 
 
 
 
 
文章:ゆず(カードも紐つけるべきなのかもしれない)

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: , , , ,
Subscribe to Comments RSS Feed in this post

2 Responses

  1. 私は昨日!
    銀行カード無くしたんです!
    どこで無くしたか全く見当がつかず、
    明後日再発行しにいきます!QAQ
    まさか慎重な自分が無くし物をするとは自分でも驚きです!!

    奇遇ですね(*’ω’*)

    • >>>Dさん
      偶然ですね~あれ無くすと携帯以上のショックを受けますね…。
      私はようやく再発行した矢先に近場のコンビニに落としていることが発覚してまたさらにダメージを受けましたorz

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*