TOKIの思い出したこと。1

どうもtokiだよ。

 

俺って、実は大学のとき、演劇やってたんだよね。

基本的にいわゆる作・演出なんだけど、人足りないときとかは出たりも。

ってことで今日は、僕の好きな演劇を紹介することにします。

 

その名も、劇団イキウメ

 

いい感じの非日常、舞台というウソでしか語れない何か不安定なもの。

感覚的すぎないから、すんなり見やすかったり。

基本的にはSFなんだけど、濃くて、触れるとずぶずぶと飲み込まれそうなくらいで。

 

イキウメ

 

 

 

初めて見たのは、BSの夜中、高校生のとき。

ゴッドセーブザクイーンという短編。

ウィットに富んだ、メリハリのある戯曲。

なんだか、見てはいけないものを見た気分で、そこから自分の脳みその隅っこでうずうずとこびりついてて、

大学生のとき、思い切って、生を観に行った。

 

それが、「太陽」

 

青山円形劇場。

渋谷の坂を登りきった、セレブリティな匂いのする箱。

ヴァンパイアという普遍的な化物から人間を問いつめる物語。

かつて目にしたBSのあの衝撃から、いくらか研がれていて、

少し拍子抜けだったけど、でも、やっぱり良かった。

人生で初めての、まともな観劇だった。

 

それから、新感染とか、まあ有名どころもいったんだけど、やっぱり、初体験ってのはどうしても超えられないもので。

いまでも、自分の細胞のどこかでうずうずしている、そんな奴なのです。

 

以上。

短くてごめんなさいね。

 

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Subscribe to Comments RSS Feed in this post

One Response

  1. toki先生!
    この文章「俺って、実は大学のとき、演劇やってたんだよね。」って恰も自分はもう大学卒業して結構長い年月が経ってるようなニュアンスを醸し出すセンテンスですね!笑

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*