【ボドゲ・インスト・コツ】♯05 もやしメソッド!編

【ボドゲ・インスト・コツ】♯05 もやしメソッド!編

i インスト論

私の初めてのインストは「6ニムト」でした。

(インスト中…)

私  :「XXXX…この場合はこうで…」
Aさん:「(?)…それで、何するゲームなんです?」
私  :「(はっ。)あ、えーと、カードを取っちゃいけないゲームなんです」
Aさん:「(眼が輝く)なるほど!」

…。

【ボドゲ・インスト・コツ】、第五回目の本日は
いよいよインストの仕方について触れていきます。

第一回目の予告を読んで、「もやしメソッド」?
何それ?気になる!と思ってくれた方、お待たせいたしました。
今回はこのメソッドについて触れていきます。

さて、「もやし」とは何ぞや?ということですが、
これはインストをスムーズに進めるための要素である

『目的』    
『やること』  
『詳細』    

上記の三要素の頭文字を取ったものです。

(「も」くてき、「や」ること、「し」ょうさい…
 略して「も・や・し」ってことですねw)

ボードゲームのインストに限らず、基本的なレクチャーは
「大枠から詳細への順番で伝えていく」のがセオリーの一つとされています。
(イキナリ特殊カードの効果(=詳細)から説明されても
 チンプンカンプンですよねw)

それをボードゲームの説明に応用してみたのが
この「もやし」メソッドです。

つまり、

1、初めに『目的』(ゲームの目的や勝利方法)を説明、
2、次に 『やること』(手番等でやること)を説明し
3、最後に『詳細』(例外処理やその他詳細)を説明してから質問を募る、

というやり方です。

先の「6ニムト」でいえば、

『目的』  (なるべくカードを取らないようにするゲームです)

『やること』(一枚カードを裏にして置いて、全員が置いたら表にします)

『詳細』  (カードは数字の小さい順番で並べます。
        6枚目を置いた人は既に置いてある5枚を取らなくてはいけません。         ただし…)

と、こんな感じでしょうか。
(あくまでも例です。実際はもうちょっと細かく言ってもよいかと!
 …ちなみに記事文頭の例は「詳細」から話しちゃっている悪い例ですw)

…さて、そろそろお終いの時間が近づいてきました。

【ボドゲ・インスト・コツ】第五回「もやしメソッド」、
結論は、

『インストに悩んだら「も・や・し(目的、やること、詳細)」の順で説明しよう』

でした。

それでは、皆さん、よいゲームライフを!

文章:U

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: , ,
Subscribe to Comments RSS Feed in this post

One Response

  1. イイね!機能があれば押したい記事でした!

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*