【マドロミの単語帳】♯02:香水

m madoromi titlec

こんな夢をみた。

いつものゲーム会。

微笑みとそこからちろり、と覗く八重歯が素敵な彼女が、
今日は魔法使いだった。

「なんか、なっちゃったみたいなんですよー。」

今日はいい天気ですねー!くらいの能天気さで彼女は言った。

「何か使ってほしい魔法、ありますー?」
「ま、マハマンで。」

こんなときに”願いを一つだけ叶える魔法”をセレクトするあたりが
卑しいゲーマーの性というものかもしれない。

「じゃあ、いきますよー!マハマン!…はい、かんりょーしました!」
「…何も変わらないんだけど?」
「そんなことないですよー?ほら…」

そういうと同時にずいっ、と顔を寄せてくる彼女。
その髪…いや体中から仄かに漂うバニラの香りに顔が赤くなるのを感じる。
「…!?」
「ふふ、コティのバニラフィールドですー!」

彼女は、ぱっと私から離れて、

「丁度切らしてたんですけど、買い忘れちゃって、
 腹いせにそこでバニラアイス食べてきたんです。
 だから、食べたアイスが香水になればいいなとお願いしたんですー。」

と、牙が煌めく素敵な笑顔で言った。

「な、なるほどね…って、俺のために使ってくれたんじゃなかったっけ?」
「?? そうですよー?」

彼女は首を傾げて続けた。

「だって先輩、においふぇち…」
「はわわわわわ。」

*ゆうしゃ は さらに あかくなった!*

…そんな夢はまだ終わりそうにない。

※単語03:こうすい【香水】
香料をアルコール等に溶かしたもの。
多くの人はそれを幸水と思って身に着けるが、
本人が慣れてしまうためか、しばしば洪水と化している場合がある。
目に見えない結界のようになってしまったそれは
さながら香水(こうずい:仏教における清めの水)のように他者を寄せ付けない。


(上記はすべてフィクションであり、
 特定の人物、団体、単語等とは一切関係ありません。)

文章:U

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: , ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*