【ボドゲ・インスト・コツ】♯06 表記ゆれ、なくそう!編

i インスト論

【ボドゲ・インスト・コツ】♯06 表記ゆれ、なくそう!編

それは初めてさん(ボドゲ自体も初めてな方)と
「6ニムト」をしていたときのことでした。
(注:「6ニムト」はカードを取らないようにするゲームです)

初めてさん:「じゃあ、カードとりますね。」

私    :「ですね。どうぞ!」

初めてさん:「えーと、Uさん、こちらの列とそちらの列、
       どちらがマイナス点が多いですか?」

私    :「そちらは1、1、1、5、2だからマイナス10点、
       こっちはいち、にい…4失点、ですね。」

初めてさん:「じゃあ、こちら(-10点側)とります。

私    :「!?…そっち取っちゃうと不利になっちゃいますよ。」

初めてさん:「え?点数が一番すくない人が勝ちっていいましたよね。
       マイナス10点なら有利なのかと思って…」

私    :「はっ!?」

初めてさん:「そういえば、さっきの点数計算、
       マイナスと失点、二つの言葉が出てましたけど、
       これってどう違うんですか?」

私    :「え、えええーとぉ…。(はわわわ)」

*おおっと*

Uよ いんすと を しくじってしまうとは なさけない!

…と、いうことで【ボドゲ・インスト・コツ】、
第六回は”表記ゆれ、なくそう!”と題して、
言い方のコツの一つについて触れていきます。

ゲーマーによくある(と思う)のが
一つの単語をいろいろな愛称で呼んでしまうこと。

特に慣れてくるとゲームに愛着が出てくる所為か

「じゃあ、そこの髭(関羽/三国殺の武将)に殺(攻撃)ね!」

なんてことを言いたくなったりします。

気の合うメンバーでしか通じない単語を使いながら
ゲームをするのは”愛する二人でしか通じない暗号”を使うみたいで
とても楽しいものなのですが、
”初めてさん”と遊ぶときにそれが出てしまうと
彼(彼女)の理解を妨げることになりかねません。

カードの愛称くらいなら、想像で補えるかもしれませんが、
ちょっぴりヒドイのはゲーム内の用語をいろいろな言葉で言い換えるプレーヤーさん。
失点を”マイナス点”といったり、”X点ダメージ”といったり…と
その都度色々な表現を使うと、「え?んん?それって何?」と
ルールを覚えたばかりの人が混乱してしまう可能性があります。
(冒頭の例のような感じですね…)
メンバーが慣れるまでは用語は統一するとよいかもしれません。

…さて、そろそろお終いの時間が近づいてきました。

【ボドゲ・インスト・コツ】第六回「表記ゆれ、なくそう!」、
結論は、

『(特に大切な単語は)呼び名を統一しよう!』

でした。

それでは、皆さん、よいゲームライフを!

文章:U

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: , ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*