TOKIの思いついたこと。2

 

魂の重さは、21gらしい。

 

人間が死んだ時、21g、ふわっとどこかへ失せるって、

どこかの国のどこかの科学者が証明したらしい。

これが魂の重さだってさ。

信憑性は全くないんだけど、でもなんだか美しいじゃん。

だから、映画のタイトルにもなったりと、有名に。

 

でさあ、

21g。

内容物、気にならない?

 

10g:ロケット

 

必須。アルミか、カーボンか。材料は知らんけど。

でも、宇宙のそのまた向こうの向こうの向こうにある

天国にいくとしたら、ロケットがないと。

たぶん、人によってデザインも様々。

まるっこくてピンク色の風船のようなロケットもあれば、

炎のエンブレムが煌めく、かっちょいいロケットもあるはず。

俺のは、多分オレンジ色で、三角形かなー。

 

2g:折り紙

 

死んだ自分の名前、これまで生きてきて、がんばったこと。

ちょっぴりしでかした、わるいこと。

いろいろ、えんぴつで記された、折り紙。

これを持って行くために、ロケットは発射されるんだと思う。

大往生だったら、金ぴかのが貰えるけど、

普通は青とか、黒とか、赤とか。1人1枚まで。

いっぱい自分のことを書いて、そんで、畳んでロケットに詰める。

 

5g:コイン

 

天国つったって、タダじゃいけない。

入場料で、コイン1枚。支払う。

天国の番人(たぶんタツノオトシゴ)が、

その口ですーって、飲み込んで、そしたら門が開く感じ。

忘れても、たぶん、めそめそしてたら入れてもらえるけど。

忘れ物は、よくないから、コイン。持ってきましょう。

ロケットに詰める。

 

1g:乗組員

 

ロケットの操縦パイロット。

自分のあれこれを、天国に連れてってくれる大事なパートナー。

まあこれが仕事だから、特別なにか感情はないんだろうけど。

がんばってください。

ロケットに乗り込む。

 

3g:おやつ

 

天国まで、多分、結構かかる。

予想では、4時間ちょっと。

乗組員、お腹空くじゃん。

安全運転が第一なので、おやつくらい用意してあげましょう。

 

 

うん、こんなもんだな。

すっきりした。

おやすみなさい。

 

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*