【MTG】マジック・リーグへの道④(デッキ構築・後編)

さらに投稿するオッサンプレイヤーパンダです。
前編に続き、実際に組んでみたデッキです〜

「白緑タッチ青」デッキになりました。

クリーチャー11枚、その他呪文7枚、土地12枚の合計30枚デッキです。

デッキ構築に関しては、初心者ということで難しい事は考えていませんw
とにかく以下のポイントだけで選びました。

・出てきたクリーチャーの強さを相対的に把握する。
・回避能力を持つクリーチャーを探す。
・戦場(自分や相手も含め)に影響を与えるクリーチャーを探す。

白を選んだ理由は、2マナで出せるクリーチャーが3体あったので序盤にクリーチャーを出しやすい
緑を選んだ理由は、クリーチャー枚数が多かったのと、対戦が長引いた時に7マナのデカブツが出せそうかなと。
7マナは重いんですが、「目なしの見張り」や「血統の観察者」の能力でマナを生むことができるんですよ。他のカードでも土地を持ってこれるようなので、緑はちょっと重めなんですが行けそうだなぁっと思っています。
あと、[1マナ0/3]の「ジャディの横枝」がイイんですよ〜 壁として序盤に活躍してくれそうです。「上陸」でライフ1点回復能力もあるし。

クリーチャーが足りないので、多色(青緑)と青から1枚ずつ持って来ました。
ちょっとだけ青を入れてます。これが「タッチ青」となっているわけです。

その他呪文の7枚は、とりあえず同じ色系を入れただけ。ハハハ・・・何も考えていません。余計なことを考えると頭が痛くなりますし、今回はクリーチャーを主軸にしてるのでw

ね、デッキ構築簡単でしょ?

強いかと言われるとハハハ・・・と言わざるをえませんが、それなりに戦えるデッキにはなってると思います。
とにかく最初は、クリーチャーを主軸に組めば戦いにはなります。
ちょっと対戦してみて、土地の出が悪ければ、その他呪文を減らして基本土地を増やそうかなと思っています。

慣れてきたら、その他呪文の効果やクリーチャーとのシナジー効果などは徐々に考えていけばいいです。

難しいことは一切考えない!

ここまでのポイント整理すると、

【今回のデッキ構築の基本方針】
(1)30枚デッキ。
(2)呪文を16〜18枚、土地12〜14枚。計30枚になるよう調整。
   (土地の枚数はデッキ枚数の40%前後で調整が一般的かな)
(3)2色以内にまとめたい。
(4)強い(使いやすそうな)クリーチャーをまず選んで行く。
(5)18枚に足りない分をクリーチャー以外の呪文で補う。

基本方針は、その時のルールで変わってきますが、考え方は同じでいいかなと思います。
初心者は、とにかくクリーチャー主軸で構築してみましょう。

【デッキ構築のポイント】
(1)出てきたカードを色分けする。
(2)クリーチャーの枚数を各色で数えてみる。
(3)出てきたクリーチャーの強さを相対的に把握する。
(4)回避能力を持つクリーチャーを探す。
(5)戦場(自分や相手も含め)に影響を与えるクリーチャーを探す。

 

以下に実際に構築したデッキの内容を載せました。
上記「デッキ構築のポイント」だけ考えて構築すれば15分くらいで構築できちゃいます。簡単です。

【クリーチャー:11枚】
MTG-ML03-W01MTG-ML03-W01MTG-ML03-W02MTG-ML03-W03MTG-ML03-G01MTG-ML03-G02MTG-ML03-G03MTG-ML03-G04MTG-ML03-G05MTG-ML03-B01MTG-ML03-M01

【その他呪文:7枚】
MTG-ML03-W04MTG-ML03-W05MTG-ML03-W06MTG-ML03-G06MTG-ML03-G07MTG-ML03-G07MTG-ML03-B02

【土地:12枚(平地4枚、森5枚、島1枚+肥沃な茂み+天空の滝)】
MTG-ML03-L02MTG-ML03-L03MTG-ML03-L04MTG-ML03-L05MTG-ML03-L06

 

 

【上海でMTG関連のショップ行くなら】
上海CardMaster(火曜日定休)
http://www.cardmaster.com.cn/
日本語ブースターパックもあります。
広いデュエルスペースもあります。
公式イベントも多数やっています。

文章:パンダ

 

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: , , , , , ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*