TOKIの思いついたこと。 5

上海生活も、1年を越えた。

小さい頃から何度か来てるから、ぎゅっとすると、多分、2年以上居る。

 

ぎゅっとする。

 

そういや、遊戯王カードに使ったお金をぎゅっとすると、何万円かしら。

小学生のときの話だから、もう、忘れたけど、

まだ、大したお金じゃないかもしれない。

でも、日本往復くらいは、出来たんじゃないかな。

 

少年ジャンプ。中学から高校まで、

少なくとも5年は買い続けていた。

一冊、240円。

毎日じゃなくても、年間200日は買ってたと思う。

じゃあ、合計24万円。

今度は、ヨーロッパにいけそう。

北欧に行きたい(嘘。まずは普通にスペインとかフランスに行きたい)。

 

んー、お金の話ばかりだと、なんだか。

 

例えば、何度も繰り返して観た、

笑ってはいけないハイスクールと、

あと、バカ殿様。

飛ばしてさくさく観ても、合わせて3時間。

10回は観た。ここで100回と言わないところがリアル。

合計30時間。

乗り換え乗り換えで、アフリカ大陸の奥まった所に行けそうだ。

 

ああ、旅費はどうしよう?

何をぎゅっとすればいい?

 

僕は、牡蠣が大嫌いで、考えただけで反吐。

なのに父親は、嫌いでも一個は食え、一個は食えって。

無理矢理、一個は食べていた。

両親は牡蠣が大好きだから。

毎年、10回は出た。鍋とフライで出た。

一個、いくらだろう。10年は続いた。

100個は食った。涙目で食った。

もう、食えって言われないけど。

 

ダメだ、旅費には届かない。

 

そうだ、あのつまんなかった小説はどうだろう。

たくさん人が死ねば死ぬほどカッコいいと思ってた

恥ずかしい日々の部屋の隅っこ、髑髏の縁で飾ってる、

あのつまんない小説。売り飛ばそう、いくらだろう。

じゃあ、アメ村でヒップホップな連中に半分騙されて買ったあのシャツも。

井の頭公園で吸った強すぎるピースも。

閃光花火も。

あれもこれも。

全部売り飛ばそう。

売れない奴は捨ててしまおう。

 

そうしたら、そのまま、どこでもいけそう。

とっても、身軽。

な、はずなのに。

だけどなんだか、足りないような。

 

「モモンガってさ!ぎゅっとしてると、飛べないよね!」

 

なるほど。ぎゅっとしちゃうと、どこにもいけないんだ。

ぎゅっとしないから、ふわっと浮かぶ。

ぎゅっと出来ないところに、大切なものが散りばめられている。

ひらひら。

 

スパンコールの思い出。

 

「でもモモンガって、飛んでるんじゃなくて、落ちてるんじゃない?」

「じゃあ人間も、生きてるんじゃなくて、死んでるんじゃない?」

 

もうすぐ冬。まだまだ旅行が美味しい季節です。

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Subscribe to Comments RSS Feed in this post

One Response

  1. 「もう、食えって言われないけど。」のとこが切なすぎます!QAQ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*