【サイコロ】無茶ブリ3行リレー劇場 第1話

 無茶ブリ3行リレー劇場ゲームルール:

①無茶ブられた人は、最低3行以上(出来る限り沢山書いて下さい)の小説を無茶ブリした人の話に引き続き書く。
(更新日は日曜日)
②無茶ブられた人は、その週の話に関連する写真を1枚小説と共に掲載する。
③無茶ブリの対象は、1回でも上海ゲーム部HPに投稿した事のある人を選ぶ。
④無茶ブリの対象は連続で同じ人物を指名してはならない。最低中2週開ける事。
⑤作風は人それぞれ自由。
⑥1作品、10話目で絶対に完結させなければならない。

 

第1話 【サイコロ】

「ふぅ~っ、」               
               
今日も何をしたらいいのかわからなかった。               
               
ここ最近気が滅入っている。いや最近か!?思えばこの10年ほど、               
ずっとこの繰り返しだ。中学、高校の頃は早く自由になりたい、と               
家、学校に文句ばかり言っていたのに、いざ自由になると何をしたら               
いいのか全くわからず、というより自分で何も目的、やりたい事が               
見つけられず、ダラダラとその日暮らしを続けている。               
               
部屋から出る気も起きず、今日もバイトを休んだ。               
もう居酒屋の厨房の出勤リストからとっくに名前消されてるかな、               
でも今週のシフトどうやって決めたんだったっけ!?               
などとぼんやり考えてたら、夜も更けてきたのに朝から何も食べて               
いない事を思い出した。               
               
近所のラーメン屋にでも行ってみよう、と               
ようやく布団から抜け出し、ふらふら歩き始めた。               
               
すきっ腹だったのか、ラーメン定食が来るまでのビンビール1本で               
やけに酔ってしまい、店を出た後、普段は通り過ぎる事しかしない               
隣の路地のバー街の1軒に入りこんだ。               
               
入ってすぐのカウンターに腰かけてから、酔ってるんじゃなくて、体力が               
なくなっているだけなのかもな、と自分のひ弱さに苦笑いしながら               
               
「メニューください」               
               
とうつむいたまま、かぼそい声で言ってみた。               
               
しばらくしても何も反応が無いので、きっと聞こえていないのだろう、               
もう1度言ってみようか、と少し頭を上げるとカウンター越しに店員が               
誰もいない事に気付いた。               
               
見回しても他の客もいないし、定休日なのか、帰るか、と思いながら、               
席を立ち、何気なく自分の座っていたテーブルを振り返ると、               
カクテルグラスのなかにサイコロが入っているのを見つけた。               
               
「あれ、こんなものさっきまであったっけ!?」               
               
ぼうっとしていたから気付かなかったんだろうか、               
               
しかし飾りにしても殺風景なカウンターになんでこれだけ置いてるんだ!?               
店を出ようとしていたのに、もう一度すわり直し、グラスに入っている               
サイコロを眺めてみた。       

1 255       
               
1から6までの数字がキラキラ光っているように見える。               
何故かしら、ぐんぐんサイコロにに引きつけられている感じがする。               
まだ酔っているのか、と思いながらも、とてもサイコロに触りたくなってきた。               
               
と思った瞬間、自分でも信じられないくらいの素早い動きで               
サイコロをつかんでしまった。予想していない自分の動きで               
ドキドキ息切れしている。               
               
左手の中のサイコロを見返そうとした瞬間、               
店のドアがギィーッと開く音がした。   

次のターン:【たま】さんを指名します。 

メッセージ:長めでお願いします。         

 文章:カタン王

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*