【松山英樹米ツアー2勝】もしも暇と金があるのなら、中国でゴルフはいかがだろう【実はかなり凄いこと】

どうも、前職はゴルフ雑誌の編集者だけど
スコアは100を切れないヘタレゴルファー、SUNREDです


松山英樹がツアー2勝目!ファウラーとの激闘PO制す

春節に飛び込んできた個人的大ニュースですが
中国では「ゴルフは贅沢!ゴルフは環境破壊!ゴルフは汚職と癒着の温床!」
と言うイメージが根強いだけに、どうにも盛り上がらない。
例えるなら「野球のメジャーリーグで日本人選手がタイトル獲得」とか
「サッカーの欧州リーグでハットトリック達成」的な偉業のはずなんですが。

呉阿順プロのように日本やアジアツアーで活躍している中国人ゴルファーもいるのですが
中国のゴルフ場は1プレー平均1000元の超強気オラオラ商売なだけに
この地でゴルフ文化が根付くのはもっと先になりそうです。
現在の上海在住日本人ゴルファーは1000人未満という情報もあるしね。
お金なきゃ出来ませんわ。

でもね、ゴルフって本当に面白いんですよ?
スポーツでありマネジメントゲームでもあるんですから。
ボールをカップに入れるまでの距離と、自分のショットで出せる距離
その過程での障害物や風、自分の調子まで含めて計算して
最適解を導き出しながら戦っていく己との戦い。

男の子の心をくすぐるギミックがたくさんあるゴルフクラブも魅力。
そもそも名称が「ギア」なんだから、メカメカしいのは納得。
欠点?
中国だと会場遠くてプレー費高くて荷物多くてマナーにうるさい、くらいじゃないかな?
・・・・・・ゴルフ始めるには、中国はちょっと敷居が高いかも

でもいつかゲーム部で、インドアゴルフでもいいからみんなでやりたいなあ。
saru1
おわり

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*