【サイコロ】無茶ブリ3行リレー劇場 第2話

無茶ブリ3行リレー劇場ゲームルール:

①無茶ブられた人は、最低3行以上(出来る限り沢山書いて下さい)の小説を無茶ブリした人の話に引き続き書く。
(更新日は日曜日)
②無茶ブられた人は、その週の話に関連する写真を1枚小説と共に掲載する。
③無茶ブリの対象は、1回でも上海ゲーム部HPに投稿した事のある人を選ぶ。
④無茶ブリの対象は連続で同じ人物を指名してはならない。最低中2週開ける事。
⑤作風は人それぞれ自由。
⑥1作品、10話目で絶対に完結させなければならない。

 

第2話 【サイコロ】

ドアを振り返ると、黒いブラウスに黒いスカートを穿いた女性が立っていた。

服装からして、店員であろう。

 

「あ...、す、すみません…」

「今日は営業日でしょうか?」

「扉が開いていたので…」

 

女性はスっと、カウンターの中に入り

「いらっしゃいませ。ご注文は?」

と、何事もなかったように注文を聞いてきた。

 

自分より年下にも、年上にも見えるその女性は、決して愛想がいいわけではないが、

不快な感じは全くなく、不思議と引き込まれるような雰囲気の持ち主だった。

 

「メニューください。」

元の席に腰を落とし、カウンターに目をやって、やっと手のひらのサイコロの存在を思い出した。

あんなに惹きつけられ、ドキドキしていたというのに。。

さっきまではサイコロは強烈な魅力を発していたが、今はてのひらに馴染み、転がしていると自然と安心感を与えてくれる。

気の滅入りも、不満も、不安も、疲れさえも吸収してくれたかのようだ。

 

「当店はメニューはございません。」

 

困った・・・。

ここはショットバー。

自分はカクテルやウイスキーなんて、殆ど知らない。

ましてや、バイトもサボりがちで、懐具合もさみしいもんだ。

店の雰囲気から高級店とは思えないが、決して安い感じもしない。。。

ここで値段を聞くのも野暮だし、どんなに高くても1杯分なら手持ちで問題ないだろう。

サイコロの存在が、若干気持ちを大きくさせていた。

 

「ではお任せで、色の綺麗なあっさり目をショートで頂けますか?」

 

普段の自分だったら、口にしないような言葉がスラリと出てきた。

ここの店員は彼女一人なのだろうか。彼女がバーテンダーか。

サッと身を翻し、お酒を選ぶと、小気味良くシェイカーを振り出した。

 

スっと差し出されたカクテルは、綺麗なブルー。

赤いサイコロとは対照的だ。

何気なくサイコロをカウンターに振ってから、カクテルグラスに手を伸ばした。

IMG_0891[1] 

 

 

 

 

 

 

 

 

「美味しいですね」

そう呟いてバーテンダーを見ると、ジッとサイコロを見つめている。

サイコロの出目は【3】だった。

 

「このサイコロ…」

そうバーテンダーが言うのと同時に、また店のドアがギーと開く音がした。

 

 

次のターン:【ogi】さんを指名します。

メッセージ:話の展開、よろしくです♪

                                                                                   文章:たま 

 

 

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*