【SUNREDの】中国でZビザが失効したとき、貴方はどうする?【ビザ備忘録】

karihoumen-visa
この1ヶ月ビザ関係でやらかしてしまい、いろいろあったSUNREDです
今回は自身の備忘録もかねて、
自身の体験とゲーム部の皆様からの英知をまとめたいと思います

「ビザを更新する際の猶予期限について」

たとえば会社を辞めることになった、転職をすることになった
そんな時、就労ビザはどうなるのか、
意外と不明瞭なことが多いのではないでしょうか

特に会社から言われんかったし
パスポートにある期限までは有効なんじゃないの?
と思う方も多いかもしれません

結論から言うと「全部会社に取り消されます」
「就労ビザも居留許可証もパスポート手元にあるから大丈夫っしょWWW」
なんてタカをくくってはいけません
現段階の中国の法律では
「会社を辞めた人間の就労に伴う居留許可証
 および就労ビザは退職日付けで削除、それを関係各所に報告する義務がある」
との領事館やビザ申請を担当する弁護士さんのお話でした
会社は、退職した人間の就労ビザ取り消しを速やかに行わないと処分を受けるのだそうです

たとえ居留許可証を会社からくすねていたとしても、
パスポートを会社に渡していなくても
パスポート番号から何から、
公安および上海科技館にある入国審査所に連絡が行きます
よしんば次の会社が見つかったとしても、
そのときに会社から書類もらってビザ申請する際には
こわーい担当者から「お前この空白期間なんやねん」とばかりに
お叱りおよび罰金(1日当たり500元、最大2万元)
悪質な場合強制退去となります。

会社によりますが、基本的には一発でも引っかかると
今後の海外勤務はおじゃんですね
オーバーステイで引っかかって、
せっかく転職した会社クビになる人もいたそうです

えっそんなの知らんかったよ、
次の入社日までどうしても日時空いちゃったよ
罰金払いたくないよ・・・と言う方、
というかそれ私なんですがね

実は就労ビザ失効の際には、
次の会社以降への猶予期間という形で
30日間の短期ビザ(Lビザ)に自動で切り替わるとのことでした
その期間でビザを切り替えたり、
帰国してまっさらな状態に戻るなりしなさい、
という当局からの温情措置があるのです

一度日本に戻ってビザ取り直すってのも手ではあるのですが
会社辞めてビザが切れた
(パスポートの見かけ上は切れていなかったとしても、
 入国審査所ではビザ切れと認識される)
場合でもすこし余裕が持てますね

あとは、ぶっちゃけ見かけ上ビザが切れてなければ
出国の際なら見逃してくれる可能性もあります
調べられたら大迷惑なのでお勧めはしませんが

私はここら辺のロジックをまったく理解しておらず、
この世の終わりとばかりに凹んでました
関係各所の皆様、その節はまことに申し訳ございませんでした
なんとか皆様のおかげで、私は生き永らえております・・・・・・

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Subscribe to Comments RSS Feed in this post

One Response

  1. ほんとに自動ですか?
    離職日から10日以内に入国管理局にて臨時停留ビザに切り替えることが規定だったと思いますが。。。

    転職先が決まっていない場合
    (1) 前職の離職証明書
    (2) パスポート原本
    (3) 臨時住宿登記表(原本+コピー)
    (4) 証明写真1枚(パスポート証明必要時)
    (5) 外国人签证証件申請表1部

    ※退職日から10日以内に申請 ※公安局へ7営業日パスワードを預ける必要有
    ※臨時停留ビザの滞在有効期限は30日。再更新は不可のため、期限が切れる前に出国が必要。

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*