【マドロミの単語帳】♯11:勇者

【マドロミの単語帳】♯11:勇者

…こんな夢をみた。

ここはBAR”ウサギの穴”。
Dマイナーの静かな調べが流れる中で二人の男が飲んでいた。

小柄の方がラガヴーリンをぐっ、と煽ってから静かに語る。

「勇者がなぜ尊敬されるかというと…」
「ん?」
「皆が倒して欲しいと思う魔王を倒せる存在であるから、なわけじゃない?」
「ああ。」
「だから、他の人ができなくて、それを行うことで、他の人が喜ぶようなことをする。
 そういう人はさ、誰が何と言おうと、たとえ誰も見てなくても、そいつは勇者、なんじゃないかな。」

「…ああ。」

そして二人は杯を酌み交わす。

静かな調べは静かに転調する。

…そんな夢を見た。

 


※単語12:ゆうしゃ【勇者】
血の呪縛。
体のいい道具。
スケープゴート。
博打のチップ。
愚か者の別称にして蔑称。

されど、我々は知っている。
やはり彼らはかっこいいものなのだ、と。

熱き愛と共に茨を歩め。

(上記はすべてフィクションであり、
 特定の人物、団体、単語等とは一切関係ありません。)

文章:U

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: , ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*