【ナイアガラ】激流に逆らいオールと叫べっ!

 

102029_s_1102029b_s_1

皆様お盆はどう過ごされていらっしゃいましたでしょうか?さぞかし茄子や胡瓜に割り箸をたくさん挿された事だと思います。
ところでここ中国でも先日中元節と言う幽霊が出ると言われている日があったんですよ。そもそも中元節というのは(・・・むにゃむにゃ)

・・・・・・と言う事で、本日紹介するボードゲームは、お盆や幽霊の前振りを無視して、なぜか『ミッドナイトパーティー』ではなく、『ナイアガラ』です。ボードゲームでは難しいとされている水をテーマにした作品なんですよ。

名前:『ナイアガラ』(原題:Niagara)
作者:トーマス・リューシュイン
製造:2005年
発祥:ドイツ
人数:2~6人(拡張済み)
時間:1時間

 
 
 
内容: 

ナイアガラの滝には5色の貴重な宝石が掘れる場所があります。滝つぼに落ちてしまわない様、川の流れを見ながらカヌーを上手く操り、全種類の宝石をゲットしましょう。

ルール

102029_s_2102029b_s_2
どの順番で、何を出すのかが肝

①各プレイヤーは、1~7迄+αの絵の描かれたパドル札を自分のパドル札置き場に裏向きで置きます。そして、全員でオープンの掛け声と共に公開します。そして一度使ったパドル札は、全員が全部のパドル札を使い切るまで手元に戻って来ません。

 
 
 
 
 
この時公開されたパドル札に書いてある数字が、その人の行動力となるのです。そしてそのパドルカードの中で最も数の小さいパドル札の数分、後でナイアガラが流れることになります。また、カードの中には天気を操るカードもあり、ナイヤガラの流れを激流に変えたり出来る物もあります。


102029_s_3102029b_s_3
宝石を奪い合う事も出来る

②プレイヤーは下記3つのアクションの内、1つを選択、または組み合わせて行動する事が出来ます。

Ⅰ:川下(滝壺側)移動  
1マス移動時行動力1を消費
Ⅱ:川上(岸)に移動   
1マス移動時行動力1を消費
Ⅲ:宝石を掘る。     
1つ掘るのに行動力2を消費

この時、注意しなくてはならないのが、ⅠとⅡは組み合わせる事が出来ないという事です。一旦川上か川下に向ったら、①で得た行動力を使い切るまでその方向に突っ込んで行きます。但し、Ⅰ、Ⅱ何れもⅢと組み合わせる事は出
来ます。因みに、このゲームはⅡで川上に上がる時、丁度他のプレイヤーと同じマスに止まれた場合、そのプレイヤーが苦労して手に入れた宝石を一つ奪う事が出来ます。


102029_s_4102029b_s_4
流れに乗れなかった者の末路・・・

③そして、いよいよ川が流れます。透明のアクリル板を川上から流し込みます。これにより、ボード上に掘られた溝にそって、皆の運命を乗せた船が川下(滝壺側)に向います。この時アクリル板を流し込む枚数を決めるのが、①の時に決定したパドル札となります。パドル札の内、最も小さい数の物の分、アクリル板は流れるルールになっています。こうして激流の中を冒険し、見事最初に5色の宝石を各種1個づつ手に入れたプレイヤーが勝利者となります。

 
 
 
その他『ヘラ鹿】『水の精霊』『ビーバーちゃん』等、色々ありますが基本はこの3アクションを中心にワ―キャー言って楽しめるゲームとなっています。なんといっても人の船が滝壺に堕ちる瞬間はたまらないものがありますので、是非一度誰かを滝壺に叩き落とす快感を味わって頂きたいと思います。きっと、ニヤニヤしてしまいますよ。上海ゲーム部ではこんな刺激的なゲームもやっております。興味のある方は、是非ご参加下さい。それでは皆様、よいゲームライフを。

 
文章:K

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*