【声優ファンミ】 せきとこにし( 関智一&小西克之幸) 本編vol.1

こんにちは、ふぁみです。
今日は前回会場に入場した所で、終わってしまったレポートの続きを、どうぞ!

※本編は撮影禁止だったので、今回は<文字だけ>でお届けします!

まずは司会さんが登場 
(わっ、若い女性の司会だ。関さんが喜んで下ネタ振ったりセクハラしそう)

司会の紹介で、お2人が拍手と共に登場~!

<関>   『うぉーしーしゃおぐあん』 
<小西>  『うぉーしーしゃおしー』
<司会> 『司会&通訳のソウです』

それぞれ中国語で自己紹介。

<ソウ>   『お2人は上海は初めてではないんですよね? 関さんが3回目、
     小西さんは2回目だそうですが、上海の印象はかわりましたか?』

<小西>  『毎回仕事出来てるので、終わると直ぐに帰ってしまうから、街を歩いたりする
     時間が無くて。(会場に向かって) 上海でお薦めの観光地ってどこ?』

<会場>  『外灘~!』

<関>     『あ~、あの歴史的な建物がいっぱいある、川の所だよね?
              カップルがたくさんいる』

<小西>  『なんでそんなに詳しいの? 関さん、行ったことある?』
<関>     『前に来た時に1回だけ。俺もあそこしか行ったこと無いよ』

<ソウ>  『関さんは3回目ですもんね』
<関>    『そう、しゃんか~いめ~』 (めちゃかわいい、言い方で返事)

<関> 『ところで、この中で<せきとこにし>の活動を知ってた人とか、歌を聴いたことが
             ある人って、どれくらいいる?』

<会場>  『はーい!』 (おっ、結構いる・・・実は私も)

<関>  『結構いるね。えーと、なんとなく2人でなんかしようか~なって始めたユニットなんで、
     歌の活動がメインではありません。今日も少し歌うと思うけど、上手じゃないんで、
     そのつもりで聞いてくださいね~』

会場からは、笑いと拍手が。   

<ソウ>   『では、そろそろ開始しますが、その前に、これを……関さんに……』

ソウさんから関さん宛てにプレゼント(小道具)が・・・。

洗剤
(洗剤イメージ写真)

プレゼントが出された瞬間、会場が大爆笑!

<ソウ>  『これはですね、中国で有名な洗剤です』

<関>  『せ…洗剤?』

少々困惑気味で受け取る、関さん。

<ソウ>  『えーっと、関さんは下ネタを話すことで有名ですよね?

再び、会場からは大爆笑が。

<ソウ>  『なので、関さんが下ネタを話したら、これを頭から振り掛けると』

<関>    『えっ、何? 下ネタ禁止なの?

<ソウ>  『いえ、そうではなくて……下ネタが出てもこれを振り掛ければ、きれいさっぱり、
    消えてキレイになるから…言っても大丈夫です』

<関> 『じゃあ、安心して』

ソウさんの言葉に、笑顔で頭に洗剤を振り掛けるマネをする関さん。
小西さんも笑顔で 『じゃあ、安心ですね~』 と。

件の洗剤を席の後ろのテーブルに置いて、本格的にイベント開始!

まずは定番、【質疑応答】

事前にメールにて集められていた、関さんと小西さん宛ての質問に対して
2人が答えていくと言うスタイルでした。

※この辺からは、前回のイベントと同じく、記憶があいまいなので、質問の数、
 順番などは違っているかも……許してくださいね~。

【質問】 関さんは今年<ギックリ腰>になったとラジオで聞きましたが
     辛かったことや、困ったことはありましたか?

<関>  『ぎっくり腰ね~。最近は寝ててもなっちゃうんだよね~』

<ソウ>  『寝ててもですか?』

<関>  『そう。この前のも、朝起きたら、腰が痛くて全然動けなくてさ。 
    電話して3日間ぐらいは、仕事を調整してもらって休んだんだけど、
    【妖怪ウォッチ】は、その前にも何回か行けなくて、さすがに今回は
    行かないとな…と思って我慢して行ったんだよね。【妖怪ウォッチ】の
    収録スタジオにはイスがあったから、声を張り上げる時は重心を
    椅子に預けれたんで、良かったんだけど……』

席から立ち上がって、説明を始める関さん。

<関>  『でも、【ドラえもん】の時は無くてね~。仕方ないから、こうやって……
    足を前後に広めに開いて、重心をこう後ろにして……でも、
    そのままだと倒れちゃうから、自分で自分のお尻をこう……』

言いながら、おもむろに後ろ手で自分のお尻を<グッ>と、掴む関さん。
関さんの情けない姿に、会場は大爆笑。

<関>  『あ~これって痔持ちみたい……って思いながら、声出してたの』

すかさず、小西さんが寄ってきて、関さんのお尻に洗剤をフリフリ。

<小西>  『僕の場合はですね……』

言いながら、立ち上がる小西さん。

<小西>  『ダンボールがあって、こう、しゃがんで持ち上げれば良かったんだけど、
     こうやっちゃって……』

50cmほどの箱を想定して、腰だけ曲げて持ち上げるフリをする小西さん。

<小西>  『あっ、やば! やっちゃった!……って、思った瞬間に止めたんで、
     セーフだなと思って、その日はそのまま寝ちゃったのね。そしたら、
     翌日の朝、腰が痛くて全然動けなくて。必死に、こう……枕もとの
     携帯探して、急いでマネージャーに電話して、ぎっくり腰で動けないので
     スタジオ行けません!って』

会場からは始終笑い声が。

<小西>  『その日はアニメの収録だったんだけど、たまたま僕は初登場の回で、
     しかも、現場は大先輩ばっかりの日で……』

<ソウ>  『それは大変でしたね』

<関>  『大変って言えば、トイレだよね?』

<小西>  『そう、そう! あれは大変!腰が動かせないから』

<関>  『こう、拭くときとか……』

腰を動かさないで、お尻を拭く動作をする2人。 もちろん会場は大爆笑。 

<ソウ> 『ハハハ、ぎっくり腰には注意しましょう。では、次の質問です』

【質問】 優秀社員のゆう子さんからの質問です。お2人は凹んでしまった時は
     どうやって復活しますか? あと、凹んでいる後輩がいたら、なんて
     声をかけてあげますか?

<関>   『凹んでいる人へ…だよね? えーっとね、日本には伝統的な方法があって』
<小西> 『じゃあ、僕凹んでいる人ね』
<関>   『凹んでいる人って、こんな風にうなだれてるから、こうして……』

関さんの言葉に、うなだれる小西さん。その小西さんに何かを繋ぐような
仕草を開始する関さん。

<関>  『で、こうするとね……』

関さんが立ち上がって、自転車のタイヤに空気を入れるのと同じ動作を
繰り返すと、みるみる小西さんの頭が上がってきて、ついには立ち上がって
ガッツポーズ!

<関>  『こうなります! まあ、定番ですね~』 (2人とも、めちゃ笑顔)

<ソウ>  『では、凹んだ時の浮上する方法は?』

<関&小西> 『あ~、俺たち凹んだこと無いから!

会場から笑い声。

<ソウ> 『お2人とも、精神が強いということですね。では、次の質問にいきましょう』


【質問】 無人島に行くとしたら、どの声優さんと一緒がいいですか?

<小西>  『僕はボーイスカウトしてかたら、サバイバルとか出来るので、1人がいい』
 
<関>  『僕はお金持ちの声優さんがいいな。何かあったら衛星電話で、すぐヘリとか
     船が助けに来てくれるような』

<小西>  『なら、お金持ちの声優さんが持っている島に行けば?』

<関>   『いいねえ、それで、船とかも有って、必要な物は買いに行けたりする』

<ソウ> 『それはもう、サバイバルとかじゃなくて、休暇をとって、ただホリデーを
     楽しむって事なのでは』

<関>  『そう言う事です。サバイバルごっこだね』(笑いながら) 

【質問】 カナと言います。お2人は草食男子ですか? 私の彼は草食でどう攻めたら
     いいのか見当もつきません。どうしたらいいか、アドバイスをお願いします。

<関> 『カナちゃ~ん! どこにいるのかな? カナちゃ~ん?

関さんが会場に何度も呼びかけ。 ※カナちゃんって名前にやたら反応している?

<関> 『最近は日本でも多いんだってね。グイグイ攻めるのは女性の方だし。
    ……で、ソウさんは肉食なんだよね?

会場が一気にざわめきだす。

<ソウ> 『そ、草食ですけど……』

<関> 『草食に見せかけた肉食なんだよね?

会場から、笑い声が続出。

<関>   『ソウさんはどうするの? 向こうが何もしてもなかったら?

<ソウ>  『まずは、お2人は、どちら派なんですか?』

話を切り返そうと、必死なソウさん。

<関>     『まっ、肉食系じゃないですかねえ。・・・ まあ、ちゃんとしますよ!

<会場> 『きゃ~~~!!!!』 

<関>   『小西君も、肉食だよね?』

<小西> 『ハイ』 (結構淡々とした感じの返事)

<会場> 『きゃ~~~!!!!』 ※関さん達が一言、言うたびに大騒ぎ。

<ソウ> 『草食系を攻略しようとするには?アドバイスをお願いします』

<関>  『ソウさんはどうします? 相手が草食系なら
    ※また話を蒸し返して、ソウさんにセクハラしようとする関さん(笑)

<ソウ> 『相手が草食派だと……自分でアピールするしかないですね』

<関>  『例えば、どんなアピールするの?』 (めっちゃ嬉しそうだな、関さん)

<ソウ>  『なんか、私の方が質問されてますね』

<関>  『やっぱ、男性の方から見るのと、女性の方から見る意見が……ね?』

<ソウ> 『男性から見た意見って……どう言う風にアピールされたいですか?』

<関> 『あっ、普通にこういう風に……』

小西さんに触る関さん。

<関> 『何気ない、ボディタッチとか? あと、あれじゃね? こんなワンピースを着て』

そう言って、セクシーなワンピースを着てるマネをしながら、小西さんにせまる関さん。

<小西>『ハイ、ハイ、ハイ』

<関> 『こう、しなだれかかる?』

<ソウ>『だから、女性からどんなアピールすれば?』

<関> 『彼女は今、どんなアピールしているとかあるのかな?』

<ソウ>『まったくしてないんじゃないですかね。見当が付かないと書いてるぐらいだし』

<関> 『召し上がれ~とか?

<ソウ>『?よくわかりません。もうちょっと説明を』(本当に意味がわかってなさそう)

<関> 『え~、言えないよ。ねえ~?』 

小西さんに向かって、ニヤニヤ笑う関さん。

<関> 『う~ん、実際に一緒にご飯食べに行くとか? で、おいしく食べてもらう為に
   味付けするとか?自分自身を。おしゃれするとか、お化粧するとか?』

小西さんの相槌を確認しながら、話す関さん。(本当に楽しそう)

<ソウ> 『えー、意味は十分わかりました。では、次の質問です』

えーっと、ここまでで始まってから、約40分ぐらいでしょうか?
このあと、1番盛り上がった質問があったのですが、長くなってきたので
次回に……してもいいでしょうか?

出来るだけ、間を空けないで続きをアップしたいと思いますので、
申し訳ありませんが、今日はこの辺で~。

筆:ふぁみ

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*