【中国オタクニュース】斉星鉄塔、モバゲ事業に参入!

以下、送電設備を販売している業者が、モバゲ―業界に参集する様です。何でもありやなぁ:
 
深セン上場で、送電・通信用鉄塔や立体駐車場設備などを製造販売する山東斉星鉄塔科技(山東省浜州市、斉星鉄塔)は5日、全額出資の投資子会社、斉星開創投資管理(斉星投資)がモバイルゲーム開発などを手掛ける北京太能沃可網絡科技(北京市海淀区、太能沃可)と提携したと発表しました。
 
斉星投資は太能沃可に、2,000 万元(約3億 2,000 万円)を超えない額の資金を注入し、スマートフォン向けゲーム事業に参入します。
 
太能沃可は斉星投資から受けた資金を元にスマートフォン向けゲームの開発に着手。向こう3年で米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」、米アップルのOS「iOS」双方に1年当たり新作ゲーム4種を提供します。
 
利益配分は斉星投資が60%、太能沃可が 40%。太能沃可は 2009 年設立。ゲーム開発のほか国家級ハイテク技術の開発や運営を手掛け、自社運営するソーシャルゲームプラットホーム「X-Social」を通じ、日本、韓国など海外二十数カ国に「開心厨房」「本草仙目」「超級徳州撲克」などの人気コンテ ン ツ を 提 供 。 ユ ー ザ ー 数 は 約5,000 万人の様です。
 
u=786001438,2769608371&fm=21&gp=0u=555759384,819664861&fm=23&gp=0 u=3585351347,3532620948&fm=21&gp=0ソシャゲ会社は皆小規模なので、こういう資本とくっつくとデカい仕事が出来る様になるんでしょうね。
 
文章:K

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*