【D’s独り言】随筆II 夢の職

ふと、急に会社を辞めたくなったりする。
度重なる違法な重労働、残業代が発生しないブラック企業。
気づけば同級生はみんな結婚していき、
自分だけは未だ独身。
気づけば半年で5回も結婚式に参加している。
訪れない幸福、キャッチできないブーケ。
だからといって、会社を辞めて収入源を途絶えさせたくない。
でもNEETはもっと嫌だ。親の脛を齧りたくもない。
じゃあどうすればいいんだ。

と、考えた事ないだろうか。
私はよく考える。
会社を辞めても、収入源だけは途絶えたくない。
だからといってFXや株を始める程、余裕のある貯金も無い。
そんなとある雨の日の午後、
私は休憩の合間に中国のサイトを漁っていた時、
夢のような職業を発見した。

始業時間は少し早いと言えど、
それは必ず定時で上がれて、
通勤時間も数分だけ。
昼食も夕食も必ず食える時間が準備されていて、
残業はない。
土日祝は確実に休みで、
気長に暮らせる。
髪型指定や服装指定はあるものの、
社蓄生活に比べればそんなのマシ。

なんて夢のような職業だろうか。
具体的な話をしていない時点では、
皆さんの脳内はきっと夢や幻想で溢れかえっているんだと思います。
ですが、なんと残念な事に。
この職業、そんな簡単になれる物ではないのです。
強いて言えば独身向き、
もっと強引に言えば両親も既に他界されている生涯孤独な人向きなのです。
そりゃあこんだけ夢のような職業ですから、
誰でも無条件でホイホイなれる訳ではないんです。
上記の条件に合っているとお思いの貴方、
転職したいと考えませんでしたか?




言い出しっぺの私が言うのもなんですが、
私はそんな職に就きません!(笑)
qq%e5%9b%be%e7%89%8720161019154858

失望しましたか?
世の中そんなに甘くないわ!
さぁ!今日も一日張り切って仕事しよう!

 

 

 

文章:D

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*