【D’s独り言】随筆V こんにちは、光

こんにちは
webwxgetmsgimg
webwxgetmsgimg1
こんにちは
webwxgetmsgimg5
webwxgetmsgimg9
美しき色彩よ
お前の美しさには、常に前提がある
それは光が存在しているという事だ
光があって、それが私達の眼球を通す事によって、
色彩を感知し世界が美しく見える。

時にこんな不毛な事を考えた事は無いだろうか。
もし世界に「光」が存在しなかったら、世界はどんな色に映っていたのか、と。
物自体に色はあるが、「光」の存在しない世界では私達にとって世界はセピアに見えていたのか??
それとも、「光」がなければ昔の偉人達がそもそも色彩の存在に気づかなく、
世界は白黒だという結論になっていたのか?
そもそも「光」が存在していなかったら、人類もここまで発展していただろうか。
「光」の有無には考えれば考えるほど問題は泉のように湧き出る。

勿論、現代は「光」が存在しているから全ての物に様々な色があると言い切れるが、
もし最初から「光」が存在していなかったら我々はどうやって其の存在を実証するのだろう。

もし「光」が存在していなかったら、人類の進化の過程で眼球はどう進化していただろうか。
闇で物を見れるようになっていたのか、そもそも眼球なんて進化の途中で無くなっていたのか。

この問題は至極不毛であるのは百も承知だが、
「光」について考えると、三度の飯も忘れてしまう程長考になってしまう。
私の悪い癖だ。

ただ、「光」の存在を無くす事ができれば、
この世界はもっと平和になっていたんじゃないかと思う。

例えば人種差別。
色が見えない世界なら、そもそも白人が黒人を大量虐殺する事も無かったのではないか?
「光」って案外邪魔な物ではないのか?と時々思う。
「光」があるから、お化けが見えるとか喚いたり、
UFOが見えたとか訳を分からない事を言う輩がいるんだと思う。

話が75°変わるが、「光≠希望」だと思う。
ダークヒーローにとって、闇=正義と同じように、
その人のロール次第で光の定義が変わると思うのだ。
だから必ずしも「光」は存在しなくてはならない存在でもないと思う。

この世から「光」なんて消えてしまえばいいのに。
そしたら、「闇」だって一緒に消えてくれるのに。
webwxgetmsgimg2
でも、現代は、光が存在している。
だからまた言おう。
こんにちは、と。

 

 

 

文章:D

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*