【趣味の話】かわいいスクエア【ウェザリングがたまらん】

こんにちは、そろそろ上海ネタが思いつかなくなってきたittiです。

去る2月、上海ゲーム部では、
部員のM子さんの発案で「TEDごっこ」なる遊びを行いました。

オッサンっぽいぬいぐるみのクマになりきる遊びでは、
もちろんありません。

TED Conferenceという、
様々なプレゼンテーションを視聴できる番組を
真似る遊びです。

私が語ったテーマは「フィギュア」。

本来2次元でしか接することのできない世界を
3次元へと顕現させた素晴らしき世界!

IMG_1113-3

現在、上海ゲーム部にはフィギュア好きが居ないようです。
求む、フィギュア好き!

ということで、今日取り上げるのは、
ThreeA toysというメーカーの「スクエア」というロボットのフィギュア。

↑いろんなカラー展開がある中で、これは「日本」カラー

↑いろんなカラー展開がある中で、これは「日本」カラー

正確には、デザイナーズトイというジャンルです。
デザイナーズトイとは、
アーティストのオリジナルデザインによって作られる
フィギュアのジャンルです。
生産数が限られることから、
コレクションターアイテムとして高騰することも。

1073e7c9ade75a1faf394c015da05998-2

↑デザイナーズトイの一例

ちなみに今回取り上げるスクエアくんも、
発売当時は1体4千円程度でしたが、
一時期は3万円以上で取引されていたこともありました。

スクエア君の存在を知った当初、10色セットが3万円で売られており、
「たっかぁ〜。無理無理」とスルーしたものでしたが、
今にして思えば断然お買い得でした……

フィギュア全般が再販しないものが多いので、
こういう事がよくあります。

閑話休題。

このスクエア君は、Ashley Woodというオーストラリアの方が
デザインしています。
Ashley Woodさんは、メタルギアソリッドのコンセプトアートなどを
手がけられているので、その絵を目にされた記憶のある方もいるかも。
20b633c3383193d40f4fdc9dc810e01c-2
ロボットとセクシーな女性を描く事が大好きな方です。

私は彼の描くWorld War Robotというシリーズの
ポンコツ感あふれるロボットのファンなのですが、
なかでも2番目に好きなロボットがこのスクエア君です。

↑アンディーウォーホルの作品にインスパイアされたカラーのスクエア

↑アンディーウォーホルの作品にインスパイアされたカラーのスクエア

真っ四角いボディーに、キュートな顔。

そして、いかにも苦労してきましたと言わんばかりに
薄汚れ錆び付いたサーフェイス。たまりませんね。

そう、このスクエア君を作っているThreeA toysの最大の特徴は、
この汚し塗装(ウェザリング)にあります。

プラモデルなどで、戦車やロボットなどにリアルな雰囲気を出すために
汚れたような塗装を施す事をウェザリングと言います。
従来は、限られたテクニックを持つ人だけしか手にする事のできなかった
リアルなウェザリングを、ThreeA toysは量産品で作っているのです!

PB032951-2

↑「ソ連」カラーのスクエアはオモチャっぽいポップさがカワイイ

 

タンポ印刷によるチッピング(塗装が剥げて下地の金属が露出したような表現)のほか、人の手によってオイル漏れや雨だれの表現が施されていて、
一点一点微妙に表情が異なります。
もしこれがおみやげ屋さんに置いてあったなら、
30分くらい見比べてベストな個体を選びたくなるところです。

PB032941-2

↑薬箱みたいな「メディック」スクエアとスクエア顔の木製リンゴ

ソフビ製のため微妙に形がゆがんでいるよころがまた、
ポンコツ感を高めてくれてカワイイ。
(余談ですが、私はディズニーのウォーリーが大好きです。)

最後に、、、
作者の設定によれば、このスクエアは小さな子供の声で
「僕たち仲良くできないの?」
「出て来て遊ぼうよ」
等の声を発するそうです。
……戦場で敵を油断させて、おびき出すために!

悪どいなぁ!スクエア!

【おわり】

保存

保存

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*