【マンガ飯】 『ホクサイと飯さえあれば』より「幸せの牛すじカレー」

こんにちわ。
今日紹介するのは、[鈴木小波] ホクサイと飯さえあれば。

『東京下町の一軒家で一人暮らしをしている、ブンこと山田文子は、うさぎのような耳をしたぬいぐるみのホクサイだけが話し相手という、一風変わった女子大生。
しかし、当の本人は「ホクサイ」と「美味しいご飯」さえあれば平気だと、ぼっち飯をエンジョイする毎日を送っている。』
001

そんな彼女の巻き起こす食に関するストーリー、それが「ホクサイと飯さえあれば」です。
テレビドラマ化もされてます。
ブンちゃんを演じるのは「君の名は。」で三葉の声を演じた上白石萌音さん。
マンガのブンちゃんとは雰囲気違うけど、ほんわか小動物系で良いわぁ。
154

さて、このマンガには色々なメニューが登場します。
某大泥棒の末裔とその相棒が競うように食べた「肉だんご入りパスタ」とか。w
セリフもいちいちツボります。「左手は添えるだけ・・・・」とかね。(^ω^)

今回は「幸せの牛すじカレー」の紹介です。
150

「今日はきっと凹むから、私は先に魔法を仕込んでおくの」とブンは朝から台所へ向かうのです。
課題の事で担当教官から厳しい指摘を受けるであろう日、家に帰れば美味しい物が待っている。
だから今日の辛さを乗り越えられる。
う~ん。前向きなんだか後ろ向きなんだか。
それでも「美味しいは正義」なんです。w
145

材料は
牛すじ        300g
玉ねぎ         2個
にんじん        1本
にんにく        1かけ
しょうが        1かけ
きのこ類  好きなだけ
カットトマト缶    1缶(400g)
コンソメ        2個
塩コショウ        少々
カレーパウダー    大さじ3~4

牛すじを美味しくするには長時間煮込む必要があります。しかも煮ている間は火のそばを離れられません。そこで登場するのはどの家庭にもある「炊飯器」。これがスロークッカーの役目を果たしてくれます。
牛すじは一口大に切って茹でこぼします。余分な油がここで落ちます。
IMG_7816

玉ねぎは薄切り、人参は乱切り、にんにくとしょうがはみじん切り。
炊飯器に野菜を入れ、牛すじを入れたらカットトマト缶とコンソメを投入。
カレールーでも良いですが、炭水化物が気になる私はカレーパウダーで。
あればローリエを数枚。
今回は市場でもらった細ネギも一緒に入れちゃいました。
IMG_7817 IMG_7818 IMG_7819

あとは「炊飯」スイッチを押すだけ。
炊飯が終わっても中は70℃ぐらいで保温されているので、じっくり煮込むのと同じです。
IMG_7822153

これが完成。

朝仕掛けて行けば、帰った時には家の中が「幸せのカレー」の香りで一杯ですよ。w
あの固かった牛すじがトロトロに変身してます。
是非お試しあれ。

RYO-Z

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*