【春の呪い】続・旬じゃなくても面白い!

こんにちは!あまり普段読まないのですが、今日は珍しく恋愛ものをご紹介します。
『このマンガがすごい!2017』では、「オンナ編」第2位も受賞した作品です。

 

春の呪い
harunonoroi
著者:小西明日翔 一迅社/ZERO-SUMコミックス 全2巻

 

妹が死んだ。名前は春。まだ19才だった。
妹が己のすべてだった夏美は、春の死後、家の都合で彼女の婚約者であった柊冬吾と付き合うことになる。
夏美は交際を承諾する条件として、冬吾に、春と二人で行った場所へ自分を連れて行くよう提示した。
そうして、妹の心を奪った男と夏美の季節は巡り始める――。
(pixivコミックより抜粋)

------

紹介文の通り、死んだ妹の婚約者と付き合うことになった夏美。
彼女は不本意ながら妹の元婚約者・冬吾と付き合うことになるのですが、最愛の妹に好かれていたこの男のことを最初は全く好きになれない。
ところが、付き合う条件として夏美が提示した「かつて妹と冬吾が言った場所」へ行き、春の話をしていくうちに少しずつ冬吾に惹かれてしまいます。

haru1

私生活では大雑把でがさつな夏美ですが、父親と不倫愛による義母・異母弟との生活で、唯一の心の支えだった、最愛の妹を亡くした喪失感によるマイナス思考、冬吾と付き合っていることへの罪悪感に苛まれる姿が非常にリアルです。
冬吾というキャラも所謂いいところのぼっちゃんで、感情が一見わかりにくいようで、実は不器用なだけであったり。
そんな二人の距離感が縮まってゆくかと思いきや、そうはいかない展開が1巻のあらすじ。

haru2

そして1巻ラストで、ふとしたことから夏美は春のものと思われるSNS上に書かれた日記を発見します。
婚約者への思い、姉への思い、そして春の自分自身に対する思い。
それらを見た夏美はさらに罪悪感で押しつぶされそうに。
一方夏美と離れた冬吾にもある変化が……?
果たして妹による『呪い』は解けるのか。
とにかくいい意味で心休まることがない、最後まで緊張感の漂ったお話です。

haru4

試し読み:pixivコミック

文章:ゆず

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: , ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*