【TRPG】山菜狩りへ行こう!②【ダブルクロス】

TSU85_koucyanotpod_TP_V

前回のお話はこちら。

 

そんなこんなで山菜狩り当日、
早朝、全員がべるりん前に集合したところからスタートです。
車はバンを手配したようです。

GM:それじゃこれから出発という事になるけど、
 信造さん(べるりんのマスター)から真壁氏に一言。
 「お前さん、その頭で行くのかい?」

まかべ:イージーエフェクトの不可視の領域を使い、
 ネコヘッドに関して『視認は出来るけど、意識はできない』状態にします。

GM:石●ろ帽子みたいな?

ゴリラ・なめくじ:どういう状態なんだろうw

GM:え、そこに人がいるなぁってのは分かるけど、
 顔を見ようとするとなんか靄がかっているというか、
 「あ″ぁ~」ってモザイクになってるんでしょw

なめくじ:うぁー、クトゥルフ案件だwww

GM:ホラー案件だな、
 それに関しては周囲からは突っ込みがないという事で。
 それじゃ出発。何かロールプレイしますか?

まかべ:運転技能2あるから、運転はかなりうまいぞ!

ゴリラ:ジョウジさんは、何のオーヴァードか訊きたいですね。

GM:いいですよ。
 ジョウジ「キュマイラだ」

ゴリラ:「お、それじゃ俺と同じじゃねぇか」

GM:ジョウジ「・・・俺の事は教官と呼べ」

ゴリラ・なめくじ「きょうかん??」

まかべ:Sirをつけろよでこ助野郎ッて事でしょw

GM:ジョウジ「山のガイドと言う事でやってきているが、
 馴れ合うつもりはない」

まかべ:何このおっさん感じ悪いw

なめくじ:「ならUGNで編隊組んで行けば良かったのに、
 なんで一般公募にしたんです?」
 (・・・このおっさんメンドくさっ)

GM:ジョウジ「実害も現状なく緊急度が低いという事で
 末端分所のべるりんまで行ってしまったようだな。
 自分も依頼を受けただけだ。それ以上は分からん」

まかべ:(ぷー、クスクスw
 緊急度の低い任務にまわされる丈司、ププーwww)

ゴリラ:「仲良くなれると思ったんだが・・・」

GM:そのままジョウジは口を閉ざします。

まかべ:場の空気を和ませるため、
 テレキネシスを使ってポッキーを配布します(運転中)

GM:多分無視しても延々と浮かび続けると思うので、
 井出は取って食べますw

 

不穏な空気が立ち込める中、次回いよいよ山へ・・・

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*