【上海ゲーム部に花束を】FLOWER BOMBER 【バンクシー】

みなさんこんにちは。ittiです。

もうすぐ上海ゲーム部ブログは100万アクセス!

上海ゲーム部に花束を……
ということで、本日ご紹介するのはこんなオモチャ。


Medicom Toyから発売されている、「FLOWER BOMBER」です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バンクシー(BANKSY)のグラフィティにインスパイアされたスタチューです。

基となったグラフィティがこちら。
1_030416011403

インスパイアというか、まんま立体化ですね。
以前、これの白いバージョンが発売されており、
私が買ったのはそれをより壁画のイメージに近づけた「WALL IMAGE Ver.」だそうです。

 
第一弾はこちら
0064_151224_h
 
置物としては、第一弾の方が落ち着きがありますね。

「これはフィギュアじゃなくて、オブジェなんだ!」という主張のもとに
リビングに飾ろうと画策して購入しましたが……
大きすぎて断念しました。

全長36cm。
最初の画像の左下に置いた林檎のオブジェが、本物の林檎(ふじ)と同じくらいの大きさです。

 
IMG_5381
 
もう箱からして大きいです。
3歳児ぐらいなら隠れられるのではないでしょうか?
 
 
 
バンクシーは、今世界で最も話題を集めるグラフィティアーティストです。
 
白黒写真のような画風に、カラーをポイントで使った風刺画のスタイルが有名です。
 
20160815202111
 
 
グラフィティとは何かというと、要は落書きのこと。
スプレーやマーカーで壁面などに描かれ、
多くの場合がカンバスとなる壁の所有者には無許可で行われます。
 
banksy-olympic-rings

……これは器物損壊、つまりはテロルのような犯罪行為であって、
アートと呼んではいけないのではなかろうか?

そんな疑問を誰もが抱きつつ、
みんなが認めたものはアート、認められないものは落書きと、
非常に恣意的な線引きがなされている現状です。

現に、バンクシーの作品も無断で、突発的に描かれるため、
壁の所有者が価値に気付かず、塗りつぶしてしまうこともままあります。
(何億円にもなるのに……)

20110919_2074928

その他、(恐らくは)バンクシーの絵だと承知の上で
別のグラフィティを書き加える心臓の強いグラフィティーアーティスト(落書き犯)も。

 
ffd3ab329af74196415781ff0d3a4b5d

バンクシーに上書きされたもので、バンクシーを上回るグラフィティがないのが残念なところ。
大抵は、ただ文字を殴り書きしただけのものですしね。

 
 
グラフィティの先駆者、キース・ヘイリング(Keith Haring)が
地下鉄の広告の空きスペースに、わざわざ黒い紙を貼り付けてから作品を書いたのに対して、
バンクシーは壁に直書きです。
keith-haring-retrospect-(in-color)
hqdefault
Tシャツの柄などでよく使われるキース・ヘリング
 
これはもう、明らかな違法・迷惑行為なわけです。
 
例えばバンクシーの絵が、壁ではなくキャンバスに描かれていたら、
ここまでの話題性とメッセージ性を持ち得なかったのは確かだと思うのですが……
 
絵柄は大変好みなだけに、なんとも複雑な気分になるのです。
 
 
 
バンクシーが取り上げる題材は、その多くが自由や平和を訴えるものです。
それが違法行為の上に成り立っていることに、
残念さを覚えると同時に覚悟のようなものも感じ、その熱量に憧れもするのです。
 
 
ヨルダン側西岸地区の分離壁に書かれたいくつかの作品は、
まさにここに書かれることでその真価を発揮するものです。
20160815234215
banksy_separation_wall
046
 
 
 
しかし、「伝えたいメッセージがある」
「そのために効果的な方法であれば、器物の損壊行為を厭わない」という姿勢は
ロジックとしてはテロルと同じものではないでしょうか?
 
人間の身体を傷つけないというルールがあるとしても、
もし、アフガニスタンの貴重な仏像を破壊した彼らが、
宗教の問題ではなく、実はこれはアート活動なんだよと言ってきたら。
それを認めたくないこの気持ちを言語化するとき、
バンクシーも同じく否定しなければならないのでしょうか?
 
9b7556bd
48bdd2ffcb06db31adeca81d2e0177f2
 
 
バンクシーの作品に触れるとき、
表現者としての覚悟と、守るべき倫理と、
そして「質の高い作品は軽微な違法行為など超越して評価される」という現実に、
いつまでも折り合いのつかない感情を持て余すのです。
banksy-park-city-sundance-ourkitchensink
 
 
バンクシーは、出身地の小学校の校舎に自分の名前がつけられたとき、
そこに以下の作品と手紙を残したそうです。
banksy-school-exlarge-169
d0017381_12583463
 
その手紙には、小学生たちに向けて、
「この絵が気に入らなければ、上から書き足してください。
先生たちもきっと気にしないはずです。」
と言った内容の後に、いかにもバンクシーらしくこう続けられています。
 
「許してもらうのは、
 許可を取るより簡単だということを、
 覚えておいてください。」
 
 
 
【おわり】

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*