【MTG】マジック:ザ・ギャザリングのすすめ②

こんにちはー

 
第2回の今回はカードについてご紹介します。
 
・基本的なカードの見方
・7種類のカード
 
◆◇◆基本的なカードの見方◆◇◆
 
一例としてクリーチャーカードの「血の幼子」をご紹介します。
 
9kzcek5tPp_JP
 
右上が「マナコスト」
 
②が無色マナです。
 
ドクロが黒マナです。
 
黒①マナ+無色②マナ=③マナ支払う必要があります。
 
テキストに「効果」や「能力」が書かれます。
 
右下が「攻撃力/体力」です。
 
 
◆◇◆6種類のカード◆◇◆
 
MTGには以下の「6種類のカード」が存在します。
 
 
◆土地◆
 
「マナ」と呼ばれる、カードの呪文を唱えるためのコストがあり、
「マナ」は土地カードから生み出されます。
 
 imagwesrtr-268-cinsdexrtr-262-cimages      
MTGには5色の土地があります。
 
平地→「白マナ」
山→「赤マナ」
森→「緑マナ」
沼→「黒マナ」
島→「青マナ」
 
この土地から出るマナを使い下記のカードたちを使用していくため、
土地カードはすべてのデッキにおいて必須となります。
1xOmpOoB7N_JP
また、一部特殊な能力を持った土地もあります。
 
◆クリーチャー◆
 
クリーチャー呪文を唱えると、戦場にクリーチャーと呼ばれる生物が現れます。
 EzbYHEjhdG_JP fSCCMURo04_JP3aWP3SG5nw_JP
このクリーチャーが相手プレイヤーにダメージを与えるために
攻撃したり、プレイヤーを守るために防御を行ってくれます。
 
クリーチャーは倒されるまで戦場に居続け、攻防を行ってくれるのが
魅力ですが、攻撃すると防御はできなくなるので、どのクリーチャーを
攻撃させて防御に回すかが重要な選択になります。

 

◆ソーサリー◆
 
自分のターン中に限って唱えることが出来るのが、ソーサリー呪文です。
 領域QcaM5E8Bqn_JP 9ihvT7C7CI_JP
戦場に、非常に影響力の大きい力を加える事が出来ます。
例えば、「戦場にいるクリーチャーを全て破壊する」や、
「戦場にある土地を全て破壊する」など。

 

相手のターンに使えない、唱えるのにマナを大量に使うという
デメリットがありますが、強力なカードが多数存在します。

 

◆インスタント◆

 

自分のターンでも、相手のターン中でも、自由なタイミングで使えます。
ソーサリーほど強力ではありませんが、隙を見せずに力を発揮できるのが特徴です。
 imdagdes dgeNsHJgUd_JP

 

◆エンチャント◆

 

戦場に、永続的な力を及ぼせる結界が現れます。
6zRbfX8Kef_JPI0JkLi9XFU_JP
ソーサリーやインスタントと違い、一度唱えると戦場に残り続けます。
 
◆アーティファクト◆
 
MTGの世界における「神器」で薬や設備や装備品などの置物系と
クリーチャー等の魔法生物系が存在する。
 snRJofiXht_JP 208_ALA_JP 0WurQZj9Ks_JP
最大の特徴は、基本的にマナコストの色を問わないことにあります。
 
 
◆プレインズウォーカー◆

 

 召還されたプレインズウォーカーが戦場にいる限り
自分のターンに一度だけ、その能力を発揮します。

c20130603_mtg_40_cs1w1_300x inああdex 

 毎回自分のターンに一回だけソーサリーやインスタントに

 近い力を戦場に及ぼせるため非常に強力であり、

 これを放置するとほぼゲームに負けることになります。

 

今回はここまでです。 興味をもたれた方はLINEでお気軽にご連絡ください。

 LINE.ID→MTG1984

それではまた。次回はクリーチャーが持つ特殊能力について説明します。
 
                                        文章:グリズリィ
                                 

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: 

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*