【中国オタクニュース】ディズニーに擦り寄る食品業界の影!

おいおい日清とサントリー何やってんの!!!と言うニュースです。今回の上海ディズニーランドとコラボレーションする企業がどんどん発表される中、日本企業の声を全く聞きません。ちゃんとして下さいよ!あまりにも運営参謀がいなさすぎでは困りますよ。
 
上海ディズニーランドは 27 日、台湾の頂新グループの中国食品大手、康師傅控股(天津市浜海新区、康師傅)と米飲料大手のペプシコの3社による業務提携を締結したと発表しました。
 
康師傅とペプシコは、2015 年に上海市で開業予定の上海ディズニーランド内で、両社ブランドの飲料を提供します。2社は上海ディズニーランドとの相乗効果により、自社ブランドの知名度を広めていく考えです。
 
康師傅とペプシコは、上海ディズニーランド内で販売予定のお茶やソフトドリンクのサプライヤーとなる。上海ディズニーランドはこのほか、ペプシコとの業務提携の一環として、ペプシコが上海市に持つ研究開発(R&D)センターを利用し、特製メニューの開発を手掛ける計画もあるそうです。
 27815_400
私はディズニーランド内のチェロスやアイスクリームの類が大好きです。ペプシコなら平均点以上の物を作ってくれそうですね。康師傅のカップラーメンはちょっと夢の国の中では見たくないですね。
 
文章:K
 
 

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*