【MTG】2014年3月1日 上海ゲーム部 THS×3 BNG×3 シールド戦レポート

どうも、はじめまして、すきじといいます。

 

3月1日に上海ゲーム部にて実施された、MTG(THS×3、BNG×3)シールド戦を実施したときの個人のレポートです。

残念ながら、筆者の実力はMTGの戦術をちゃんと語っていいレベルではないため、誤った記述等もあるかと思いますが、誤っていると思われる点は指差して笑いながらお読みください。

 

さて、今回行ったシールド戦は、その場で開封した6パックからデッキを作るルールです。まずは、パックを開封して自分のカードをチェックする必要があります。シールド戦は空けたパックが命。ここで、空けたカードがくそなら、作れるデッキもくそデッキです。

MTGをここ数ヶ月で始めた部員がいたりする中、経験者が負け越しては恥ずかしいので、強いカードを引きたいところ。パック開封は、まさに、カードを見ながら一喜一憂の緊張の連続です。

 

・パックから出てきたカード一覧

《天界の執政官/Celestial Archon》

《レオニンの投網使い/Leonin Snarecaster》 ×2

《エイスリオスの学者/Scholar of Athreos》

《沈黙の職工/Silent Artisan》

《旅する哲人/Traveling Philosopher》

 

《アクロスの空護衛/Akroan Skyguard》

《散兵の精鋭/Elite Skirmisher》

《神に寵愛された将軍/God-Favored General》

《大アカシカ/Great Hart》

《くぎ付け/Hold at Bay》

《忠実なペガサス/Loyal Pegasus》

《オレスコスの太陽導き/Oreskos Sun Guide》

 

《液態化/Aqueous Form》

《海岸線のキマイラ/Coastline Chimera》

《迷宮での迷子/Lost in a Labyrinth》

《前兆語り/Omenspeaker》 ×2

《海神の復讐/Sea God’s Revenge》

《タッサの褒賞/Thassa’s Bounty》

 

《高巣の崇拝者/Aerie Worshippers》

《予言/Divination》

《一過性の知力/Evanescent Intellect》

《氾濫潮の海蛇/Floodtide Serpent》

《ニクス生まれのトリトン/Nyxborn Triton》

《洞窟のランパード/Cavern Lampad》

《毒々しいカトブレパス/Loathsome Catoblepas》 ×2

《骨読み/Read the Bones》

《ファリカの療法/Pharika’s Cure》

《蘇りし者の密集軍/Returned Phalanx》

《苛まれし英雄/Tormented Hero》×2

《思考囲い/Thoughtseize》

 

《湿原霧のタイタン/Marshmist Titan》きり

《忌まわしい変身/Grisly Transformation》

《アショクの心酔者/Ashiok’s Adept》

《悪魔の皮の喧嘩屋/Felhide Brawler》

《ニクス生まれの幻霊/Nyxborn Eidolon》

《屍噛み/Necrobite》

《窒息死/Asphyxiate》

《闘技場の競技者/Arena Athlete》

《国境地帯のミノタウルス/Borderland Minotaur》

《統率の取れた突撃/Coordinated Assault》

《破砕/Demolish》

《ドラゴンのマントル/Dragon Mantle》

《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis》

《イロアスの神官/Priest of Iroas》

《双頭のケルベロス/Two-Headed Cerberus》

《野蛮な祝賀者/Wild Celebrants》

 

《天啓の嵐/Epiphany Storm》

《洗い流す砂/Scouring Sands》

《難題への挑戦/Rise to the Challenge》

《一つ目峠のサイクロプス/Cyclops of One-Eyed Pass》

《ニクス生まれのお調子者/Nyxborn Rollicker》

《雷の粗暴者/Thunder Brute》

《炎輪のフェニックス/Flame-Wreathed Phoenix》

《ケラノスの稲妻/Bolt of Keranos》

《恐るべき気質/Fearsome Temper》

《拠点防衛/Defend the Hearth》×2

《切り裂く風/Shredding Winds》

《狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt》

《ナイレアの存在/Nylea’s Presence》

《菅草の蠍/Sedge Scorpion》

 

《選別の印/Culling Mark》

《ケンタウルスの武芸者/Swordwise Centaur》

《スコラ谷の災い/Scourge of Skola Vale》

《ケイラメトラの好意/Karametra’s Favor》

《フィーリーズ団の精鋭兵/Pheres-Band Tromper》

《ネシアン未開地の荒廃者/Nessian Wilds Ravager》

《セテッサの誓約者/Setessan Oathsworn》×2

《忍耐の元型/Archetype of Endurance》

《ハイドラの血/Aspect of Hydra》

マルチ

《戦識の重装歩兵/Battlewise Hoplite》

《蒔かれたものの収穫/Reap What Is Sown》

《ゼナゴスの狂信者/Fanatic of Xenagos》

土地

 

なし

アーティファクト

《炎放ちの車輪/Flamecast Wheel》

《速羽根のサンダル/Fleetfeather Sandals》

《こそ泥の兜/Prowler’s Helm》

《ゴルゴンの首/Gorgon’s Head》

 

 2014_0301_開封パック

 

さてさて、パックの中をチェックしてみると、強いカードとしては、

白 《天界の執政官/Celestial Archon》

青 《海神の復讐/Sea God’s Revenge》

赤 《炎輪のフェニックス/Flame-Wreathed Phoenix》

緑 《ネシアン未開地の荒廃者/Nessian Wilds Ravager》

   《スコラ谷の災い/Scourge of Skola Vale》 《狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt》

 

あたりが注目株で、レア6枚中5枚は強力なほうと、かなり嬉しいパック。

(残る一枚も、《思考囲い/Thoughtseize》で、お財布的にも嬉しい。)

 

 さて、ここからは、どの色を使うかですが。

黒は、強力なカードもない上に、脇を固めるカードでも、強いカードが少ないので、当然切る。

青は、《海神の復讐/Sea God’s Revenge》のほかに、バウンスもなく、クリーチャーも貧弱なため、メインカラーとしては切る。

 

残った三色の白緑赤でデッキを組むとして、どの色も使いたいレアがあったり、パッと見では、突出して弱い色がなかったりで・・・大変悩ましい。悩んだ末にとりあえず、使えそうなカードを並べてみることにすると・・・

4、5マナ域に白いクリーチャーカードないじゃん!?

 (基本的に、THS×3 BNG×3シールドでの遊び方においては4,5マナあたりの強いカードの数が少ないと、致命傷になります。)

 てことがわかったため、白いカードを切って、赤緑へ。緑の色マナサポートがあり、青も無難にタッチできるため、強力カードの《海神の復讐/Sea God’s Revenge》も入れます。

で、その後も、スペルの絞込みに悪戦苦闘しながら作ったのが、下記のデッキ。

土地 17

《山/Mountain》 8

《森/Forest》 7

《島/Island》 2

クリーチャ 14

《菅草の蠍/Sedge Scorpion》

《闘技場の競技者/Arena Athlete》

《セテッサの誓約者/Setessan Oathsworn》×2

《ゼナゴスの狂信者/Fanatic of Xenagos》

《双頭のケルベロス/Two-Headed Cerberus》

《スコラ谷の災い/Scourge of Skola Vale》

《一つ目峠のサイクロプス/Cyclops of One-Eyed Pass》

《炎輪のフェニックス/Flame-Wreathed Phoenix》

《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis》

《フィーリーズ団の精鋭兵/Pheres-Band Tromper》

《野蛮な祝賀者/Wild Celebrants》

《ネシアン未開地の荒廃者/Nessian Wilds Ravager》

《雷の粗暴者/Thunder Brute》

スペル 9

《速羽根のサンダル/Fleetfeather Sandals》

《ゴルゴンの首/Gorgon’s Head》

《こそ泥の兜/Prowler’s Helm》

《恐るべき気質/Fearsome Temper》

《ドラゴンのマントル/Dragon Mantle》

《統率の取れた突撃/Coordinated Assault》

《ケイラメトラの好意/Karametra’s Favor》

《海神の復讐/Sea God’s Revenge》

 プランとしては、赤と緑のクリーチャーを展開しながら3、4マナで積極的に攻めて、攻めが止まったら、各種装備品や、《海神の復讐/Sea God’s Revenge》のサポートで、展開をこじ開けるような感じのコンセプトで作ったデッキ。

《スコラ谷の災い/Scourge of Skola Vale》と、《炎輪のフェニックス/Flame-Wreathed Phoenix》のコンボがチャームポイント。

 

《炎輪のフェニックス/Flame-Wreathed Phoenix》

貢納しない限り、《スコラ谷の災い/Scourge of Skola Vale》が無限にでっかくなるぞー。

 

ちなみに、《狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt》は、緑の信心が少ないので、今回は使用せず。基本的に、クリーチャー化できない、神様は神ではありません。ただの紙です(ドヤァ

 そんな感じで、デッキが完成、実際に部員と対戦です。

 

1マッチ目 N氏 ○○

1ゲーム目は、N氏が出遅れたところを、ビートダウンして勝利。2ゲーム目は、N氏土地事故。

ということで、危うげなく1マッチ目ゲットして、その後も何戦かやってみても、N氏の土地がもたついてこちらが勝利する展開ばかり。。。

 

す:「Nさん、土地何枚いれてるの?」

N:「13枚」

す:「Σ(゜□゜ )」

とりあえず、土地の枚数を調整し、2マッチ目以降試合するようしたほうがいいよとアドバイス。

(身内で遊んでいるだけのため、メインとサイドの区別はあまりありません)

リミテッドは、マナソースは16枚以上入れようっ。僕と君との約束だっ。

 

2マッチ目 ぶちょー ×○○

《海神の復讐/Sea God’s Revenge》で流したらなんか勝った。

3マッチ目 ぐりずりー ○○

事故気味だったところを、きちんとビートダウンされて負けた。

 

てことで、 2-1と残念ながら、3連勝はならず。事故も多かったけど、デッキのクリーチャーとスペルのバランスが悪かったような。。。

てことで、試合後に、ぐりずりーさんと、俺のデッキについて反省会。

かっこよくビジネスマン風に言うと、PDCAサイクルをまわすのです!!

 

さて、デッキをチェックしていて、指摘された問題としては、

・いくらなんでも、装備品多すぎ。

・エンチャントが多くないから、《セテッサの誓約者/Setessan Oathsworn》を抜いて《ケンタウルスの武芸者/Swordwise Centaur》を入れるべき。

・6マナが3枚と多いので、土地は18枚ほしい。

などなど。

なるほど、いわれてみればそのとおりと感じる。反省すべきことばかりですね。ただ・・・

 

ぐ:「《恐るべき気質/Fearsome 》は、いまいちだと思うよ。」

す:「なるほどー。別のカードに変える余地ありですね。」

ぐ:「あと、5マナ域、薄くないですか」

す:「何を入れるの? 緑と赤には5マナ域《野蛮な祝賀者/Wild Celebrants》以外ないよ?」

ぐ:「《氾濫潮の海蛇/Floodtide Serpent》」

す:「えー? それ入れるくらいなら、クリーチャー減っても、《恐るべき気質/Fearsome Temper》入れるべきだよ。」

 

うみへびVS恐るべき気質 

 

ここに男の名誉をかけた論争勃発。

 

5マナ域の層の薄さをカバーするため、キャントリップエンチャントとコンボするため、タッチカラーで青も入っていることだし、海蛇を入れるべきだという、ぐりずりさんと、

そもそも、《氾濫潮の海蛇/Floodtide Serpent》が、5マナ4/4のデメリット持ちで弱すぎるため、入れるべきではないという俺との間で、激しいやり取りが、

 

議論を繰り返しても決着はつかず、かくして、《氾濫潮の海蛇/Floodtide Serpent》を入れた元俺のデッキと、元ぐりずりさんのデッキを借りて、実際に対戦することに。

ここまで、来れば言葉なぞ無意味・・・・・ただ、己を信じ、こぶし(デッキ)で相手を黙らせるのみっ!

 えーい、女こどもはすっこんでろっ!!

 

 

 

 

で、結果。

ぐ:「かったー。どうです?わかりましたか?《氾濫潮の海蛇/Floodtide Serpent》の強さが」(3戦やって2-1で、ぐりずりさんが勝ち)

す:「いやいや!確かにゲーム負けたけど、全部のゲーム、《氾濫潮の海蛇/Floodtide Serpent》でてないじゃん!?」

ぐ:「うーん、ていうか、青いカード使わずに、勝ててるから、ぶっちゃけ青タッチいらないんじゃない?。」

す:「議論ちゃぶ台返しですかっ!?」

 

・上記踏まえて、帰宅後に反省しながら、いじった結果

土地 17

《山/Mountain》 9

《森/Forest》 8

クリーチャ 16

《菅草の蠍/Sedge Scorpion》

《ニクス生まれのお調子者/Nyxborn Rollicker》

《闘技場の競技者/Arena Athlete》

《ケンタウルスの武芸者/Swordwise Centaur》

《セテッサの誓約者/Setessan Oathsworn》

《ゼナゴスの狂信者/Fanatic of Xenagos》

《双頭のケルベロス/Two-Headed Cerberus》

《スコラ谷の災い/Scourge of Skola Vale》

《一つ目峠のサイクロプス/Cyclops of One-Eyed Pass》

《炎輪のフェニックス/Flame-Wreathed Phoenix》

《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis》

《フィーリーズ団の精鋭兵/Pheres-Band Tromper》

《野蛮な祝賀者/Wild Celebrants》

《ネシアン未開地の荒廃者/Nessian Wilds Ravager》

《雷の粗暴者/Thunder Brute》

スペル 7

《速羽根のサンダル/Fleetfeather Sandals》

《こそ泥の兜/Prowler’s Helm》

《恐るべき気質/Fearsome Temper》

《ドラゴンのマントル/Dragon Mantle》

《統率の取れた突撃/Coordinated Assault》

《ケラノスの稲妻/Bolt of Keranos》

 

こうして、少しづつPDCAが回り、MTGは日々進化するのです。

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: 
Subscribe to Comments RSS Feed in this post

2 Responses

  1. なんかいい記事書いてるっすなー
    エンチャントは人の好き好きで5マナ4/4デメ持ちでも
    ファッティはファッティ

    これ読んだ人、海蛇か恐るべき気質か票入れましょうよ。

    海蛇に一票

    テーロスでファッティは大事
    エンチャント戻す能力は必ずしもデメリットではない
    あと、ぼくエンチャント嫌い

  2. レアが羨ましい・・!
    サンダルやら兜やらで回避能力は高めですし、ファッティもそれほど困窮してるようには見えないので気質に一票。
    マントルとのコンボは心惹かれるけど、誓約者やケルベロスもいるので。

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*