【TRPG】ゲームマスターやってみよう!即興シナリオ構築編

こんにちは、whoです。

TRPGのシナリオ構築ですが、前回ゲーム部でやった即興シナリオを基に即興シナリオをどう作っていくかについて考えてみます。

  

即興シナリオの定義・構築方法は人それぞれですが、自分にとっては、自分の脳内ストックのシナリオピースを手札に見立て、その場その場でその手札から選択、プレーヤーの前に出していくという方法をとっています。その意味ではカードゲームやボードゲームと同じ、つまりTRPG即興シナリオとは何も考えないのではなく、考えてあるピースを出すというところで、ほかのアナログゲームと似た点があると言えます。ただし、その手札の出し方、見せ方、時に大胆にルールも曲げたりできるのがTRPGの特徴と思います。

まず前回のゲーム部では単発・即興という括りで当日にメンバー募集。
システムはソードワールド1(ルールをまあまあわかっているため)
参加プレイヤーは2名+GM(自分)もキャラクターを作り3名のキャラクターが登場人物となりました。
キャラクターメイキングではプレイヤー2人ともシーフに、
一人は35歳の渋めのドワーフ
もう一人はロリ、金髪ツインテール、ツンデレなハーフエルフ
GMのキャラクターはファイターに。
この時点で回復役がいませんでしたが適当にやばくなったら回復アイテムでも出すかと思い深くは考えず。
また、シーフ2人なのでなんかシーフっぽい何かをしようとも思いました。

 

さてキャラクターができたこの瞬間、実はほぼシナリオが完成しました!
単発かつキャラクターのレベルは初心者→適当にダンジョンでシーフに活躍の場面を提供しつつ、ゴブリンでも退治させとく!
かなりシナリオのアウトラインは、かなり古典的といえるでしょう

後はこれの見せ方だけです。

細かい流れはプレイヤーとの会話の流れで作ります。幸いにも頭を回転させなくても、今回のキャラクターは比較的濃い感じで
どんどん動きそうな感じでした。

この動きそうな感じを表すエピソードで具体的にはこんな事がありました。

GM「君たちは金欠で宿屋のマスターから依頼を受けました。」
PL「なぜ金欠?」
GM「誰かが付けで飲んで借金があって、だから宿屋に貢献しないと追い出されるらしいよ」(適当にいう)
ドワーフPL「じゃあ自分しかありえないな」(もう一人のキャラは未成年)
その後、とある村にて・・・
GM「この村の特産はワイン」
ドワーフPL「ではその夜、僕は村のネオン街に一人消えていきますwww」
GM「あら~しゃちょうさ~~~ん。一杯いかが?」
ドワーフPL「うむ。村長のつけでな」

種族的特徴はともかくこのドワーフのキャラクターには当初大酒飲みといった設定はありませんでした。
しかし、序盤の流れで大酒飲み、つけ飲みという設定が加わったのです。

また中盤、もう一人のシーフ(ロリ・金髪ツインテール・ツンデレなハーフエルフ)がゴブリンに絡まれたもののなかなか倒せないでいたところを、このドワーフシーフがクリティカルで一刀両断、ハーフエルフシーフはその後若干デレモードに入り、しかしGMのキャラクターには冷たいままの態度、それをGMのキャラクターがさびしがり、そのまま少しさびしがりやな設定が加わるなどしました。

今回のシステムがソードワールドで、各プレイヤーもキャラクターの設定はあまり考えてなかったことからも、キャラクター内に変化する余地があり、シナリオの変化とともにキャラクターも変化していき、そのキャラクターの変化や反応によってさらにシナリオも変わるといったことになりました。このキャッチボールこそがTRPGと即興シナリオの醍醐味であるといえるでしょう。

では次に大きな流れから細かい流れをどう作ったかについて考えてみます。

  1. 適当にダンジョンでシーフに活躍の場面を提供しつつゴブリンでも退治させとく!

  2. 依頼(ゴブリン退治の依頼。断れなくするため金欠設定、金欠設定から酒のつけがという設定に派生)

  3. もうひとひねりの依頼(シーフが多いので盗賊ギルドからの依頼という要素を盛り込む。今回の依頼の裏設定としてゴブリンがさらった娘に良家の娘が含まれていた。しかもその娘は敵対する盗賊ギルドのパトロンの娘、この娘を助け出し敵対する盗賊ギルドに対する交渉材料として使用したいという設定を追加、つまり、ただゴブリンを退治するだけではだめという状況へ)

  4. 中盤(一回肩慣らしの戦闘、戦闘終了後に誰かがその場から立ち去る音がしたが判別できず、ただしこの設定は使わなかった。)

  5. 中盤、依頼者の村にて(情報収集など、良家の娘以外にも村娘もさらわれていた。)

  6. 後半、ダンジョン攻略(プレイヤーはゴブリンのボスを倒し雑魚は無視する方針を立てる)

  7. クライマックス、戦闘、人質(良家の娘、村娘)としてプレイヤーを脅すゴブリンを取り押さえ人質を解放する→結果は良家の娘は助け出せたが村娘は死亡。

  8. エンディング、村娘を助けられなかったことで、若干の失望をされながらも感謝されミッションコンプリート、しかし、助けた良家の娘はこのまま盗賊ギルドに引き渡さないでほしいと懇願。プレイヤーも最後は情とさらなる金を選び、盗賊ギルドを裏切ることにし、新たな旅に出ることとなった。以上・・・次回へ続く

そう実はこのシナリオは、やろうと思えば続けることもできます。

次回、今回のプレイヤーたちでやるのもいいでしょうし、メンバーを加えてもいいでしょう。同じ設定の違う場所(例えば敵対する盗賊ギルドでその頃起こっていた事件など)でまったく違うプレイヤーと遊んだりするのもいいと思います。

さらに今回の話の流れを受けて別の人間がこの伏線を使いGMやり、そこで出た伏線をまたつぎのGMといった風に、持ち回りでやることができればもっと面白いかと思います。

さあ次にGMをやるのは誰でしょうか! 興味を持った方は次回ぜひ!

  

無題

 

文章:who

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: 

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*