【中国オタクニュース】再編と集約進む!

連携、連動し、凄い物を作っていく、そういう夢を人は見ます。ゲーム業界で金儲けをする人たちはヲタクが多いので、そんな大きな夢を見る人があまりいないはずだと思いがちですが、中国、アメリカはエンジニアと経営者がマインド的にしっかり役割が分かれているんでしょうね。
 
アプリケーションソフトなどを開発・製造する深セン中青宝互動網絡(深セン市福田区)は8日、オンラインゲームメーカー3社を買収すると発表しました。
第三者割当増資を通じて買収資金を調達する。拡大するオンラインゲーム市場での事業を拡大するのが狙いです。
上海証券報が 10 日付で伝えた。上海美峰数碼科技の株式 49%、北京中科奥科技と江蘇名通信息科技の各発行済み全株式を新株発行と現金で取得します。現在は第三者機関に依頼して、同3社の資産評価を進めている段階だ。上海美峰数碼科技は、携帯向けオンライゲームの開発に強みを持ちます。北京中科奥科技は携帯向けオンラインゲームと関連ソフトウエアの研究開発を手掛ける。江蘇名通信息科技は、オンラインゲームプラットホームの運営大手です。盛大集団や阿里巴巴集団(アリババ)などのネット大手と長期的な戦略提携関係にあります。
130905rukussannbura_00
 有象無象を一つにすれば、名作を世界に残せる可能性は広がります。日本もぜひ人的資源の集約と再分配を行い、他の追随を振りきって欲しいところです。まぁ、小さく尖ってるからこそできる事もありますけどね。
 
文章:K

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*