【中国オタクニュース】中国アニメの雄、ネトゲーに進撃!

中国で一番?と言えるレベルのアニメーション制作、玩具製造を行っている会社奥飛ですが、今度はオンラインゲームにまで手を出していくようですね。
 
深セン上場で、アニメ製作や玩具製造などを手掛ける広東奥飛動漫文化股フン(広東省スワトウ市、奥飛動漫)は 15 日、全額出資の子会社である奥飛動漫文化(香港)(奥飛香港)と合わせて1億 1,800 万元(約19 億円)を投じ、オンラインゲーム開発会社など2社の株式をそれぞれ40%取得すると発表しました。オンラインゲーム市場は規模が拡大しており、すでに 530 億元規模に達しています。同市場は今後も成長が見込まれており、ゲーム開発会社に出資することで、その成長を取り込む狙いのようです。

 奥飛動漫が出資するのは、オンラインゲーム開発会社の広州三楽信息科技(広州市、三楽信息)。第三者割当 増 資 を 通 じ て 三 楽 信 息 の 株 式40%を 2,000 万元で引き受ける。三楽信息は 2006 年の設立。オンラインゲームの開発や製作を手掛けており、代表的なゲームは「水滸Q伝」「新水滸Q伝2」「玩酷楽園」など。13 年12 月時点での総資産は 589 万元、純資産は 2,385 万元の債務超過。13 年の売上高は 1,227 万元、純損失は871 万元です。

 奥飛香港が出資するのは三楽信息が開発したゲームの海外販売を手掛け る Waystar  Success  HoldingLimited(英領バージン諸島、Waystar社 )。 Dreamspace  InteractiveEntertainment Corporation (英領ケイマン諸島、Dreamspace 社)が持つ Waystar 社 の 株 式 40 % を 9,800万元で取得する。Waystar 社は 06 年の設立。13 年 12 月時点での総資産は 2,824 万元、純資産は 1,710 万元。13 年の売上高は 93 万元、純損失は1,071 万元です。
u=451387989,137550592&fm=21&gp=0
玩具、アニメ制作、ゲームを総合的にやっている企業は日本には無く、イメージとしては、東映、円谷、サンライズ、バンダイ、ガンホーが一つになった感じの会社ができようとしている感じですね。さて、どんな物が出来ていくのか楽しみです。

奥飛の詳しい特撮、アニメ、玩具作品に関してはこちらです。:http://sh-games.com/956.html


文章:K

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*