【放課後さいころ倶楽部】ボードゲームで「楽しい」を見つけよう!

こんにちは。Noiです。


ボードゲームは人によっていろんな楽しみ方がありますよね。
ボードゲームが好きな理由もそれぞれ違うと思います。

  • 可能性を突き詰め、後の展開を考えて遊ぶのが好き。
    でもそれがうまくいかなかったときの感覚も好き。
  • ゲーム中の会話が好き。
    でも会話中で騙されていることに気づくと結構ショック。
  • 逆にだましてやったときの爽快感は大好き。
  • 運任せに遊ぶのが好き。
  • ゲーム中の空気が好き。
  • コンポーネント(コマやボード)が好き。
  • ゲームをインスト(ルール説明)するのが好き。

 この漫画の登場人物も、ボードゲームをそれぞれの楽しみ方で遊んでいます。

houkago
放課後さいころ倶楽部
著者:中道裕大
現在1巻、2巻が発売中。月刊サンデーで毎月連載中。

~あらすじ~
の京都—– 見知らぬ街に引っ越してきた女子高生の綾。彼女とはじめて友達になったのは、引っ込み思案な同級生の美姫。ある日の放課後、委員長の翠の後をこっそりつけて綾たちが訪れたのは、アナログゲーム専門店、その名も「さいころ倶楽部」!! 思わずやってみたくなる、本場ドイツのボードゲームも満載!! 「楽しい」を探す少女たちと、心躍るゲームの世界へ!!
——————————————————————————————————————————————–

ついにボードゲームの漫画が!ということで放課後さいころ倶楽部です。
なんと登場人物のほとんどがボードゲーム未経験!
しかし未経験だからこそ、遊んでいく内に様々なことに気づきます。
魅力をたっぷりと伝えてくれるのがこの漫画です。
IMG_3682
↑「カタン」だって知りません。

自分の手でコマを動かす楽しさ
課題を成し遂げることへの爽快感
人と対面して遊ぶことのできる時間
発言と行動と状況が鍵を握る(地獄のような)心理戦
IMG_3685

これらを漫画で再現しています。読んでいて思わず「あるある!」とうなずいてしまいそうになります。
↑この男性の初ボードゲームは「カタン」でした。

この他にもゴキブリポーカーやインカの黄金など有名なドイツゲームがたくさん登場します。
キャラクターも様々で、おじいちゃん同士でボードゲームしたり、スケバン風の女の子と遊んだりします。

ゲームの説明もキャラクターがしてくれます。

——————————————————————————————————————————————

この本を読むたびに、ボードゲームって不思議だと思います。

一枚の板が大勢の人を虜にし、熱中させる。

この小さなコマのなかに大きな魅力があるに違いない。
そう思ったが最後、もうボードゲームの魅力からは逃れられません。

GS04^‚³‚¢‚±‚ë^P02-03_AQ“üe

それではまた。

文章:Noi

 

 

 

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: 

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*