【ビッグ・チーズ】マネージャースキルが勝敗を分ける? 可愛いコンポーネントがいいね〜

少ないコストで利益を上げる。しかし、それだけじゃない。
可愛い10匹のネズミを率いて、あなたは勝利をもぎ取れるか?!
3〜6人で遊べる「ビッグ・チーズ(The Big Cheese)」をご紹介!

bc01

あなたは、とある会社のマネージャー。部下には10匹の可愛いネズミ達がいます。
毎ラウンド提示されるお仕事を部下のネズミを使って競り落とします。
競り落とした仕事が完了すると、その仕事の大きさによって決まるダイスを振り、出た目のポイントをもらえます。
ラウンドを繰り返し、ポイントが40点に達したら勝利です。

とても簡単なルールですが、競りの駆け引きがマネージャーの腕の見せどころ。
仕事完了時のダイスは運任せですがw

========

ポイントを記録するカードを並べます。これが意外と長いw
この上に各プレーヤーのネズミ駒を1匹置いていきます。
bc02bc03

お仕事カードをよく切って山札として置きます。
毎ラウンド1枚ずつめくってオープンにし、みんなでお仕事を競り落とします。
お仕事カードは大きく3種類あります。数字が書かれているカード、VOTOカード、BIG CHEESEカード。
bc05

数字カード:お仕事が完了したら、書かれている数字と同じ面数のダイスを振れます。
VOTEカード:競りを流します。相手にどうしても落とされたくないと思ったらこれを使いましょう。
BIG CHEESEカード:振ったダイスを1回振り直しができます。
bc06

お仕事カードがオープンされると競りが始まります。親プレーヤーからそのお仕事をいくら(ネズミ何匹)で落とすかを言っていきます。
部下のネズミは10匹です。最大10匹までを使って競り落とします。
親から時計回りに順番に競りに参加します。もちろんパスもOKです。パスをした時点でその競りには参加できなくなります。
最後の一人になるまで競りを続け、いちばん高く値を付けたプレーヤーがそのお仕事を競り落とします。

競りが始まる前にVETOカードを使ってそのお仕事を流すことができます。お仕事が流された場合、再度お仕事カードを1枚オープンして競りを始めます。

競り落とすと、付けた値と同じ数の部下ネズミたちをお仕事カードの上に置きます。
お仕事しているネズミ達は、競りに参加できなくなりますので、仕事の内容を考えてどれだけネズミを使うかを考えましょう。
競り落としたプレーヤは、次のラウンドの親プレーヤーとなります。
bc07bc08

ラウンド終了時に、お仕事をしている部下ネズミが1匹戻ってきます。例えば、2つお仕事している場合は、1つずつ計2匹戻ってきます。
戻ってきたネズミは、競りに使えるようになります。
そのラウンドで競り落としたお仕事からは、ネズミは戻ってきません。次のラウンドから戻ってきます。
競りで10匹全部使って落とした場合、次のラウンドでは1匹も手元にいませんので自動的に競りに参加できなくなります。
bc09

全てのネズミが戻ってきたら、そのお仕事が完了したことになりますので、カードに書かれている数字と同じ面数のダイスを振ります。
振って出た目がポイントとして加算されます。ポイントを記録するカード上にいるネズミをポイント分移動させます。
bc10

もし、BIG CHEESEカードを持っている場合、そのカードを使用することにより、1回振り直しができます。20面ダイスで1が出た時など、迷わず使いましょう。

ラウンドを繰り返し、40ポイントに到達したプレーヤーの勝利となります。
bc11

 

ルールが簡単なので、ボードゲーム初心者の方にも最初から楽しく遊べます。
プレイ時間も比較的短いので、繰り返し遊んでも疲れず、飽きません。

カードの絵や駒も可愛いので、見た目重視なプレーヤーにもオススメですね。

 

文章:パンダ

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: , ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*