【MTG】BNG×3ドラフトレポート

この前、自分の乙女回路を鍛えるために、BrothersConflictというアニメを見たのですが、主人公の義兄弟たちのあまりのチョロさに、テレビの前で突っ込みが止まらなかった、すきじです。きっと、女子がシスプリ見たら、こんな気分なんでしょうねぇ。ちなみに、自分は九男が好きです(ぇ

さて、先日、ニクスへの旅終了直前ということで、神々の軍勢を遊び収め使用ということで、BNG×3を上海ゲーム部内で行いました。記事公開段階ではニクスへの旅、プレリリースも終了し、世間的興味もまったく期待できませんが、今回も自分ウェイをひた走って、自分のデッキをさらして、反省して行きたいと思います。

今回のBNGドラフトの参加者は、5名いたのですが、卓内の色分けとしては、

赤白、赤青、緑単色、黒t青、緑白

といった感じでした(たしか

5人のメインカラーがほぼバラけるという、非常にバランスがよいドラフトでした。その中で、自分は黒単色気味にピックを行い、優良な青のスペルが流れてきたときにカットを行っていたらできたデッキが下記のようなデッキでした。

BNGドラフトのデッキ並べたところ

土地
11 《沼/Swamp》
6  《島/Island》

クリーチャー
2 《ニクス生まれの幻霊/Nyxborn Eidolon》
1 《悪意に満ちた蘇りし者/Spiteful Returned》
3 《ティマレットの召使い/Servant of Tymaret》
1 《オドゥノス河の底さらい/Odunos River Trawler》の
2 《責め苦の伝令/Herald of Torment》
2 《モーギスの戦詠唱者/Warchanter of Mogis》
1 《モズのハーピー/Shrike Harpy》
2 《湿原霧のタイタン/Marshmist Titan》

スペル
1 《層雲歩み/Stratus Walk》
2 《撤回のらせん/Retraction Helix》
2 《死の国の重み/Weight of the Underworld》
1 《屍噛み/Necrobite》
1 《突然の嵐/Sudden Storm》
1 《金箔付け/Gild》
1 《窒息死/Asphyxiate》

サイドボード

省略(特にこれといった明らかサイドなカードもないので)

といった具合でデッキを作りました。

しかしながら、結果を言ってしまうと、卓内ではかなり弱いデッキになってしまったと思います。1-1(1BYE)するのでもラッキーだったかなぁという感じでした。ぐりずりーさんの赤青とは10ゲーム近く、スパーリングも含めてゲームしましたが、一本もとれてないですしね。

今回のドラフト反省点としては、

1.ときには、カウンタードラフトも必要

BNG×3のドラフトでは、赤が突出して強いというのが印象です。緑のサイズに止まりやすいという欠点をぐりずりーさんは指摘していましたが、それでも、序盤で相手のライフを削っておけば、《ファラガックスの巨人/Pharagax Giant》が十分なサイズを持って出てこれるので、そこまで不利というわけではないというのが私の見立てです。

そもそも、BNG×3特有の現象というよりは、スモールエキスパンション×3という偏った環境でやると、どこかの色が突出して強くなるというのは、よくあることなのかもしれません。10年以上前の話で恐縮ですが、一度だけトーメント×3といううあたら黒に偏ったドラフトをしましたが、ものすごい勢いで黒とそれ以外でデッキの強さが如実にでてしまった思い出がありますしね。そういった偏った環境で、しかも少人数でやってるのだから、卓内で圧倒的最強デッキを作らせないために、強い色に対しては、カウンタードラフトを積極的に仕掛けていくべきだったのかなぁと思ってます。

2.そもそも黒は弱かった

これも、色の強弱の話ですが、他の色に対して、だいぶ見劣りしているという前情報を得ていたのに、黒単色気味でピックしたのは失敗でした。不人気色であるために、あえて手を伸ばしてみること、ダブルシンボルの強力カードである、《窒息死/Asphyxiate》、《責め苦の伝令/Herald of Torment》をスムーズに使うためにメインカラーにすえるまではギリのギリでありだとしても、下記のようなコンセプトをきちんと確立できてるとき以外は、他の色のシングルシンボルのカード(特に4,5マナ圏のクリーチャー)はもっと積極的なピックを心がけるべきでした。

3.もっとプランを練るべきだった。

序盤で打ち倒すべきなのか、コントロールして止めを刺すのかがあいまいだったのだと思います。ピックするときから今もっているカードの中で最も強そうなデッキの理想系を思い描いて、それに向かってピックをすべきでした。3マナ以下のクリーチャーをもっと優先して、《屍噛み/Necrobite》で無理やり乗り越えるというプランとか、そういうことを考えながらできてなかったなぁ。

と、言ったところでしょうか。

そういうわけで、今回のドラフトは失敗してしまいました。テーロス×3のドラフトの初っ端でも大失敗しましたし、初見のドラフトはだいたい調子がよくないですね。ドラフトの基礎ができてないということでしょう。もっと精進せねば。

さて、今週末には、ニクスへの旅がついに発売ですね。発売したら、今度はニクスへの旅を混ぜて、またシールドでが実施されると思います。ご興味ある方は参加お待ちしておりますので、ぜひお声掛けください。

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: 
Subscribe to Comments RSS Feed in this post

One Response

  1. テーロスの時はしっかりマナカーブ意識しながらドラフトできたんですが、今回はかなりとっちらかってもうどうしたらいいのか分からずピックしてしまった・・。とりあえず色集めてた。もっと学ばないと・・!またドラフトやりましょうー。シールドも負けませんよーー!

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*