【課外活動】リアル脱出ゲーム 吸血鬼の地下牢

皆さんこんにちは。
先日、というかもうすでに大分時間が経ってしまいましたが、上海ゲーム部有志により【リアル脱出ゲーム】に挑戦してきました。
そもそも【リアル脱出ゲーム】とは?
読んで字のごとく【リアル】の【脱出ゲーム】です。

「リアル脱出ゲーム」

アミューズメントパークでの迷路や、謎解きゲームなど実体験での脱出をはかるゲーム。
遊園地でのお化け屋敷や、ヨーロッパの迷路園なども脱出ゲームの一種と言える。
国内ではSCRAPやPKシアターなどがリアル型脱出ゲームの企画・制作を行っている。(wikipediaより転載)
さて、これは実のところ日本のリアル脱出ゲームの話。では中国ではどうなるのか?

今回挑戦したのは大衆点評でも評判の高かった、魔方剧情密室(長寧店)というお店

(詳細リンク参照)
写真1
小区の入り口そして小区の中を進みます。
(すでに脱出するための場所を探すという別のゲームが始まっている!?そしてタクシーで別の場所に行ってしまったM君にはみんなから容赦のない突込みがw「なぜそこに行く!!」)

写真2
ようやく見つけました。意気揚々と進む上海ゲーム部リアル脱出ゲーム攻略隊。
この時はあんなことが起きるとはだれ一人として知る由もなかったのです・・・。
写真3
マンションの一室へ…そう、上海のリアル脱出ゲームはマンションの一室?を改造したものなのです。
本当にそんなスペースがあるのか?とか日本だと許可降りなそうだなとか、思うところはありますが、そこに脱出ゲームがあるなら攻略せねばならないでしょう!
(実はこのお店だけでも3種類の脱出ゲームがあります。空間を上手に使っているんでしょうね。)
今回上海ゲーム部が挑戦したのは最大12人、120分制限の「吸血鬼の地下牢」というゲーム。
~あらすじ~
アメリカのとある村には若い娘が吸血鬼によって攫われ行方不明になるという伝説があった。
しかし、ここ5年間はそのような行方不明者もなく吸血鬼は死んでしまったと思われていた。
ところが、この村のFBI捜査官の妻が行方不明となり、夫と2人の同僚は吸血鬼の伝説の再来かと森へ捜索に出る。
しかし、連絡が途絶えてしまったことでFBIは応援を派遣。
後続隊はとある廃墟で先行した3人と合流出来たものの、閉じ込められてしまった。
伝説の吸血鬼が彼らをいけにえにしようとしているのか?行方不明になった捜査官の妻は無事なのか?
彼らは無事にここから出る事が出来るのだろうか・・・?
写真4

この奥に入れば脱出するまで出れません。
貴重品や携帯電話は脱出ゲーム開始前にロッカーの中に入れることになります。
具体的なゲームの内容についてはネタバレになってしまうので申し上げることは出来ませんが、
最低限この「吸血鬼の地下牢」をプレイする上での注意点。
それは中国語が話せる人を最低2人用意すること!
最初チームが分断された状態でスタートします。それぞれのチームに1人話せる人を用意するために2人です。
パズルの難易度は中には高いものもあって、その際はトランシーバーでお店の人にヒントを出してもらえるのですが、中国語は主にここで使用しますw
基本的にパズルやクイズの要素は言語制限は低めなので、この言葉の条件さえクリア出来れば、中国語話せないと楽しめないんじゃないかと言う心配は不要、十分楽しめます。
終わってみて振り返ると、パズル有、有志で体を使う場面もあり、クライマックスの場面、M君があーだ、こーだ言ってたら、重要な放送が聞こえ難くなって、まごっしーに怒られるというイベント有・・・。僕だけでなく、みんなの満足度高かったはずです。

写真5
最後は記念撮影!お店の人が写真を撮ってくれ代表者の微薄アカウントに送ってくれます。

さて今回の吸血鬼の地下牢は何とか攻略する事が出来ました。
まごっしー企画お疲れ様でした!ぜひ第2弾をよろしく!今回いけなかった方も次回ぜひ挑戦してみてください。

文章:who(じゃんけんで勝ってこの記事を書くことになったものの、大分放置してしまった。ごめんなさいw)

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*