【仮面ライダー鎧武】これはいかんだろ・・・。

遂に仮面ライダー鎧武が終わりましたね。この齢で特撮迄追い続けているKです。

先週は特撮の歴史に於いて、とっても大事な出来事がありましたので、超主観的な内容を書こうと思います。

この齢で・・・いやぁ、お恥ずかしい。でもですね。ヲタク文化を系統分けしたならば、必ず特撮という分野は入ると思います。

日本は漫画、アニメーション、特撮、ゲームこの4つの表現手法により世界にヒーローたちを送り出してきたわけですが、

日本はアニメーションに比べ、特撮の表現力の進歩はかなり遅れていると言わざるおえません。

結果として現在は、正直滑稽な映像ばかりとなり、子供用の娯楽として主に存在を許される趣味となってしまったのです。

そんな中で、平成ライダーとして小学校高学年の男の子たちをターゲットとして作られた仮面ライダー鎧武は脚本家に虚淵玄を迎え、重厚なストーリーで子供たちだけでなく、我々特撮好きの大人おも喜ばせるはずだったのですが・・・。

まどか☆マギカの様な神格化落ち迄付けたにも関わらず、キャラクターデザインが戦国武将とフルーツのMIXなため、率直に言って最後までカッコよさの欠片もない作品と成り果てました。我々特撮を愛するものは大抵多少の粗があっても脳内できれいな映像に置き換えるのですが、私はこればっかりは無理でした(こんなの初めて・・・)。

 

『子供の大好きなフルーツがみかんだった?そんなんで決めているんじゃねぇ!!玩具の売れ行きだけで日本の文化を破壊するな!!』と正直言いたいです。

ウルトラマンを知らない中国人は居ないですし、パワーレンジャーを知らないアメリカ人も少ないでしょう。

日本人は今一度誇りをもってこの産業に取り組むべきです。Wやカブトはあんなにカッコ良かったじゃないか・・・;;。

所詮子供の物だという理論は分かるのです。玩具が売れないと続けられないことも、しかし小学校6年生向けと言われている仮面ライダーを作るなら、頼むから将来日本のヲタク文化を背負って立つ、将来クリエイターになるかもしれない子供たちにこんなものをあてがわないで欲しい。

小さい時に大好きだったヒーローが大きくなった時恥ずかしくなる姿が目に浮かびます。

ヘタすると今度の戦隊物は食器戦隊や算数戦隊になるのではとこっちはガクブルなんです。(算数戦隊悪くないかもしれないwwwかっこ良くなるかもw)

東映様は出来る会社なのです。頼むから目覚めて欲しいのです。

仮面ライダー最終形態です。フルーツが胸にいっぱい描かれています。頭は戦国武将のイメージ。良いストーリーにこれはだめでしょ?

仮面ライダー最終形態です。フルーツが胸にいっぱい描かれています。頭は戦国武将のイメージ。良いストーリーにこれはだめでしょ?


ゴーバスターズの敵エンター。変身前も変身後、最終形態までカッコイイ!東映が本当にやりたいことをやるとこうなります。

ゴーバスターズの敵、エンター。変身前も変身後、最終形態までカッコイイ!東映が本当にやりたいことをやるとこうなります。この作品の再評価は10年後に必ず起こると断言できます!。個人的に日本の特撮の集大成だと思います。

また、先週は仮面ライダー鎧武とは別の意味で大人向けの特撮界を引っ張ってきた牙狼GAROが終わりました。

この週は特撮史にとって大きな意味を持ちます。なんせ、次週からは特撮を捨ててTVアニメ【牙狼〈GARO〉-炎の刻印-】として、リニューアルされてしまうのですから。

これで大人特撮の道は閉ざされるかもしれません。絶対そっちのほうがカッコ良いわけですから・・・。

アメリカは、アイアンマン3やパシフィック・リム等、どう見ても既に日本のアニメーションよりもクールであると認めざる負えない域に達しています。

どうか、誰か何とかして下さい!とか言ってまだ仮面ライダードライブに期待している自分がいる!それではまた、良いヲタクライフを!

『鎧武のファンの方、すみませんでした!!』

 

文章:K

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*