【Novel】【I.F.】♯05 Illegal move

if title

Chess-themed Fiction:I.F.(Isolated ♟ had a friend called ♕)
♯05 Illegal move

◇♟◇

学校の道徳の時間。
僕は彼女のことを思い出した。

「巡礼様 その手にあまり ひどすぎるお仕打ち、
 このように 礼儀正しい 信心ぶりですのに。
 聖者の手は 巡礼の手が ふれるためのもの、
 指ふれるは 巡礼の優美な 口づけと申します。」

「はい、よくできました。それではここまでのお話しを…」

センセイの話なんて聞いちゃいなかった。

指ふれるは優美な口づけ。

彼女が宝箱を開けたときの癖をふと思い出した。

その磁器のように透き通る細い指と
芽吹きたての花びらのような桜色の唇。

宝箱を開けたときの彼女の癖。
柔らかく湿った花唇が開かれ、指を濡らしていく。
彼女はその手でそっと包み込むように兵士達を目覚めさせる。

そして…

「…くん、…君、ほら、次を読んで!」

センセイが大きな声で僕を呼んでいた。
朗読会は僕の番のようだった。

-To be continued-
文章:U

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: , , , , , ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*