【アメコミ読もうぜ!】Vol.4 ”BLADE” by TOKI

ブレイド

 

 

ブレイドとやら。

ヴァンパイア狩りを繰り返す黒人青年。

ダークな世界観のヒーロー。

1973年、マーベルコミックスより登場。2011年にはアニメ化もして、まだまだカルト人気も高い。

 

ブレイド2

 

 

1998年にはウェズリースナイプス主演で実写化

こっちはかなり知名度高いのでは。

3作作られ、グロテスクでバイオレンスで超かっこいい。大好き。

 

重要なのは、ハーフブリード、いわば混血ってとこなんだよね。

 

ブレイドはヴァンパイアと人間の混血

彼は迷いながらも人間側に立つことを決意する。人間を脅かすヴァンパイアは容赦なくぶち殺す。

理由は、愛する母(人間)をヴァンパイアに殺されたから。

彼も血は必要だ。しかし噛み付くことなく、我慢して薬で抑えている。

あら、この設定、最近の漫画にもあったような。

 

東京グール

東京グール。

カネキははからずともグールと人間の混血となり、その狭間で揺れる。

どちらにも属さない、寂しくも気高い存在へ。

人肉をなるべく食べないよう、抑え、屍肉でどうにかごまかしている。

こんな感じで苦しんでる奴、他におらんかったっけ…。

 

きせいじゅう

 

 

寄生獣

歴史に残る名著。実写化、アニメ化が再評価のあおりを受けてか急展開。

これも、人間に謎の生命体が混じり、そして別れ、成長する物語だったり。

人間とは何か。

 

あじん

 

亜人。

人間世界にひそむ亜人という謎の存在。

グールに似てるけど、”絶対死なない”ってとこがスパイス効いてて面白かったり。

こちらはちょいアクロバティックで、実際に死ぬまで自分が亜人かどうか分からない。主人公も交通事故がきっかけで発露。

よって、亜人はすべからく人間性と対峙することになる。

 

「ああ俺は、一体なんなのだ」

 

あらゆるヒーローはこの問題にブチ当たる。

バットマンも、ウォッチメンで描かれるロールシャッハも、スーパーマンも、誰だって。

アイデンティティと向き合うのだ。

 

「今の世は、とかく真っ直ぐに歩みづらい」

 

…そういえば、俺も中国人とのハーフだったり…。

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*