【Novel】【Antique/Peppermint】♯Infinity-bazooka:02

【Novel】【Antique/Peppermint】♯Infinity-bazooka:02

antique
次の日。学校のトイレ。
少年はポケットに手をいれて”彼”を待った。

右手に触れる安全キャップと黒く冷たい感覚。
少年は説明書の内容を思い出していた。

”射程無限、威力無限、
 打てばどんな対象も殺すことのできる脅威の銃です。
 対象に先端を向け、安全キャップを外してボタンを押してください。
 エネルギーチャージが完了しだい、発射されます。
 相手は…”

「相手は瞬時に塵と化します。証拠は全く残りません」

ぽつりと、口を突いて出た。

「なにが、”証拠は残りません”って?」

そこに柄の悪そうな男子学生が現れた。
あばた顔の金髪。少年より一回り以上は大きい。

「それより、持ってきたのかよ。え?ジジイくん。」
「…。」
「それとも”ラクビ―の練習”に付き合いたいのかな?」
「…もう、やめてほしいんだ。」
「はぁ?」
「だから、やめてほしい。」
「ちょっと何言ってるか分かんないな。ジジイ君が俺に意見?意見しているの?」

少年は俯いたまま声を絞り出す。
「…やめてってお願いしてるだけじゃない。」

「それが、そ、れ、が人にモノを頼む態度?
 今日もセンセイがいってたよなあ。
”人と話すときはちゃんと目をみなさい”って。
 ジジイ君はホントしょうがない。
 俺が直接教えてやるよ。」

金髪の彼は少年に近寄ってその髪を乱暴に掴んで引っ張り上げた。
そして強引に自分の方を向かせる。

「ほら、これで俺の目が見えただろ?」
彼は本当に楽しそうな声音で言った。

「痛っ、…やめて、お願いだから」
髪を毟られそうな苦痛。少年は呻きながら言った。

「やめてやるよ。出すもん出したらな。ほら、早くしろよ。」
そういいながら、彼は少年の髪を更に強く引く。
ブチブチ、と髪の抜ける音がした。

「痛い痛い痛い。やめて。やめてよ。やめて。」
少年はポケットから手を出し抵抗しようとした。

手には黒いあの棒があった。

安全キャップは外れていた。

「やめて。もう、やめてくれ!」

少年は彼に棒の先端を押し付け、
…おもむろにボタンを押した。

-To be continued-
文章:U

【関連してそうな記事】



宜しければ上海ゲーム部を応援していただけますよう、よろしくお願い致します。
(下のタグを1クリックして下さい。)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

Tags: , , , ,

Leave a Reply(コメント)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*